ショックすぎ...!LINEの返事はあるけど「脈ナシ」の特徴とは?

拡大画像を見る


LINEの返事があるかないかというのは、恋愛において脈ありか脈なしかを見るツールにもなりますよね。基本的に返事があれば脈ありだと期待したくなるものです。
しかし、LINEの返事がありながらも脈なしというパターンがあることも知っておかなければなりません。
今回は、返事がありながら脈なしであるときの特徴について紹介しますね。


返事の内容が薄い

LINEをすると返事は必ずあり、すぐに返事がくることもあるけれど、とても薄い内容が続くという場合は脈なしの可能性が高いでしょう。
ただLINEがきたから返事をしているだけでそれ以上の意味を持っていません。
むしろ、あなたに対して興味がないということを表しているのも分かり、どこか面倒臭そうな返事に感じることもあるでしょう。


質問がない

こちら側からいつも質問をしていることに対して答えるだけのLINEを送ってくる場合も脈なしの可能性が高いでしょう。もし、脈ありならあなたのことを知りたいと感じているため質問が出てくるはずです。
質問がないということは、盛り上がらなくていい、あなたのことを知る必要がないということでもあるため、恋愛対象として見てくれていないと判断できますね。


何日も放置されることもある

LINEの返事にムラがあり、ひどいときは何日も放置されることがあるという場合も脈なしの可能性が高いでしょう。
放置するということは、基本的にどうでもいいと思われているということです。
もし気持ちがあるのなら、LINEの返事は早いことが多く、自分の都合だけで相手は動きません。何日も放置ということは、下手したら忘れられている可能性もあるでしょう。


楽しくなさそう

LINEだけで相手のテンションが分かることってありますよね。例えば、絵文字などが入っているとテンションが上がっているのが分かるでしょう。
しかし、返事があっても脈なしの場合は文面が楽しくなさそうに感じるものです。
絵文字があっても適当な絵文字であったり、「。」でいつも終わっていたりなど仕方なしに返しているLINEというのが伝わってくることがありますよね。
こういうときは脈なしかもしれません。


返事があっても脈なしということも考えられる

LINEの返事がいつもあると言っても、期待できない結果になることもあります。返事があるかないかよりも、返事の質がどうなのかに注目して脈ありなのかを考えていきましょう。
(みいな/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/5 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます