梅宮アンナ、ショック「好きな熱海が」 先週末に熱海へ行く予定だった

拡大画像を見る

 タレントの梅宮アンナが4日、インスタグラムを更新。静岡県熱海市の土石流災害に「いつも通る道が。。。知っている風景が」とショックをにじませた。アンナは熱海市の隣の神奈川県真鶴市に亡き父・梅宮辰夫さんが住んでおり、熱海にも何度も出かけている。

 アンナは熱海銀座の写真をアップすると「好きな熱海が」と絶句。「今週中頃、真鶴にいた私でした。連日雨が凄くて。。」と真鶴に滞在し、雨の凄さを実感していたという。

 「木曜の午後に東京に戻ったのですが、忘れ物があり、今週取りに行く予定にしていて、昨日の朝イチ行く予定でした。熱海にも行く予定で」と考えていたという。

 だが雨が強くなることから予定を変更し、その後に土石流災害が起こったことから「土砂崩れの映像を見た瞬間言葉がなかった。。恐ろしくて。。いつも通る道が。。。知っている風景が。。。」とショックをにじませた。救助に当たっている人たちへの感謝を伝えると「ひとりでも多くの方が救助されます事をお祈りします」と投稿した。

関連リンク

  • 7/5 10:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます