「お笑いは貧乏」は古い? 超セレブな芸人のスーパー金持ち伝説

拡大画像を見る

 幼いころはセレブの子、でも今は食うに困るお笑い芸人。そんな紆余曲折の体現者がピン芸人の中山功太だ。

「R-1ぐらんぷり2009」だけではなく、「歌ネタ王決定戦2015」も制した2冠王。そんな中山は幼少期、近所で知らぬ者はいないほどのスーパーお坊ちゃまだった。

 大阪市住之江区出身で、祖父が工場を立ち上げ、父親がソファベッドの製造販売業者として引き継ぐ。バブル期に会社はめざましく成長し、地元・関西のシェア率トップに輝いた。5歳のときに住んでいた一軒家は4階建てで、間取りは27LDKKK。玄関でチャイムが鳴っても、たどり着くまでに2、3分かかったほどのお屋敷だ。

「幼稚園のとき、ハンチングをかぶり、黒いサングラスをかけた男に誘拐されかけたことがあるそうです。車に乗せられた瞬間に近所の人が助けてくれて、間一髪のところで命拾い。驚くのは、お父さんも海外で誘拐されたこと。親子2代で身代金目当てでさらわれていたというのです」(芸能ライター)

 ところが、中学3年生のときに会社が倒産。生活は変わった。

 R-1獲得後は最高月収200万円に到達したが、10年4月に上京してからは坂道を転がるように落ちていき、9カ月後には貯金がゼロ。消費者金融から借金するハメに。部屋のグレードも家賃20万円のタワマンから、4.5畳、4万9000円のアパートへ。

 一方で幼少期からお金持ち、今もお金持ちを続けている芸人もいる。「女芸人No.1決定戦 THE W2017」で決勝に進出したどんぐりパワーズ・ミナコだ。超ぽっちゃり系のミナコは元看護師。実家は北海道十勝の建設会社で、人口が少ない村で一番の金持ちだという。

「庭には、亡くなった祖父の等身大の銅像があったそうです。その銅像設置の際にはセレモニーパーティーが開かれて、学生だったミナコさんは学校を休んだとか。実家の間取りは11LDKで、玄関は自動ドア。成人式のお祝いは、100万円の振り袖と50万円もする高級ブランドのブルガリの腕時計だったそうです」(前出・芸能ライター)

 小学生のときのお年玉は30万円。ミナコが30歳になったとき、東京・世田谷区に2LDKのマンションを3000万円で購入するのだが、大半を両親が援助した。カフェのようなおしゃれすぎるインテリアに、ホームパーティーで来た同世代の新人芸人はドン引きするという。

 薄給でも高級マンションに住める35歳の独身女芸人と、話術日本一になっても月収10万円程度で四苦八苦している40歳独身男。夢のステージに立てても、肝心なのはその後の継続力、なのかもしれない。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 7/5 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます