秘訣は、美味しい出汁と天然塩。つくりおきにも便利、素麺にも◎「焼きナスと豚しゃぶのだしびたし」

「焼きナスのだしびたし」は暑い夏に人気の常備菜。

揚げていないので暑さで食欲が減退気味の時も食べやすく、他の旬野菜や豚しゃぶなどを合わせれば夏のバランスのとれた主菜として楽しめます。「大葉」や「ミョウガ」「おろしショウガ」などお好みの薬味を添えると風味がいっそう増して美味。「素麺」にのせてもいいですね。


直火で焼く焼きナスは香ばしくて美味しいですが、今回のだし浸しはその香ばしさがだしの風味を妨げてしまうのでオーブンで火を通します。破裂を防ぎ、均等に火を通すため、焼く前に必ず竹串で数カ所を刺してください。

美味しさの秘訣は美味しいだしと天然塩。<合わせだし>の塩分は、ナスや豚しゃぶに塩分が入るので濃いめに調節してください。

■焼きナスと豚しゃぶのだし浸し

調理時間 30分


レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
ナス 4本
豚肉(しゃぶしゃぶ用) 120g
 酒 大さじ1
サヤインゲン 6本
 塩 少々
ミョウガ 1個

 だし汁 400ml
 塩 適量

(※)だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html(https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html)

<下準備>
・<合わせだし>の材料を混ぜる。

塩分を少し強めに味を調えてください。

・サヤインゲンは塩ゆでしてザルに上げる。

・ミョウガは縦半分に切り、さらに細切りにする。

<作り方>
1、ナスはガクを切り落とし、竹串で数カ所を刺してオーブンシートにのせ、予熱をしていないオーブンに入れて250℃で12~15分焼く。粗熱が取れたら手で皮をむいて食べやすく裂く。


ナスはオーブンから取り出した時に全体にシワが入れば焼き上がりです。ハリが残っていたらさらに焼いてください。

2、鍋に湯を沸かして酒を加え、弱火にして豚肉を一枚ずつ火を通してザルに上げる。


3、サヤインゲンは軸側を少し切り落とし、長さ3~4cmに切る。豚肉は長ければ食べやすい幅に切る。


4、ナス、インゲン、ミョウガ、豚肉を<合わせだし>に浸し、1時間以上置いて味を含ませ、器に盛り合わせる。


調理時間に浸す時間は含みません。

コツ・ポイント
オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。



皮をむいたナスを手で裂くと、断面が大きくなりだしがたっぷりしみ込みます。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/5 8:00
  • E・レシピ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます