フワちゃん、ショップ店員の扮装が美人すぎて「中村アンに見えた」!

 やっぱりフワちゃんは美人だった! 7月1日放送の「ニンゲン観察!モニタリング」(TBS系)にて、ショップ店員に扮したフワちゃんに絶賛の声が集まっているようだ。

 この日は東京・渋谷PARCOを舞台に「風景に溶け込んだ8人のカメレオン芸能人を探せ!!」との企画を放送。様々な扮装で店内に潜んでいる芸能人を、三代目J SOUL BROTHERSのNAOTO、今市隆二、登坂広臣がチャレンジャーとして探し出すというものだった。

 三代目JSBの3人はさっそく、近くにいた美人に「違いますよね?」と声掛け。店内には店員に扮したエキストラが配置されており、彼女たちが目くらましの役目を果たしていたのである。

「三代目JSBの3人は葉っぱのディスプレーに扮したアキラ100%や、メガネの置かれたテーブルに顔ハメしていたオカリナを発見。その後、バッグで知られる『サマンサタバサ』のショップ内でカメレオン芸能人を捜索しました。ここには商品をチェックしている店員さんがいたものの、登坂は彼女を完全スルー。すると背後から近づいたNAOTOが『ほら~! このパターンもあるんですか!?』と、その店員さんにロックオンしたのです」(女性誌ライター)

 優雅な感じで歩いていたのは、店員さんに扮したフワちゃん。その姿はスタジオでVTRを観ていた河北麻友子が「ええ、分かんなーい!」と絶叫し、「別人だ…」との言葉を漏らすほど、ショップの雰囲気に溶け込んでいた。


 当のフワちゃんはレース柄のロングタイトスカートと、濃茶の肩出しトップスを着用。髪型は前髪を降ろし、普段はお団子にまとめているロングヘアは後ろで一つ結びにし、ぽんぽんとした丸い膨らみをつくる「玉ねぎヘア」にアレンジ。その出で立ちで本人いわく「フワちゃんってバレない角度が、斜め45度」をキープしていたのである。

「注目したいのはそのメイク。まず眉毛をふだんより濃く描いており、これだけでも印象が大きく変わります。目元にはブラウン系のシックなアイラインをあしらい、落ち着いた雰囲気を演出。リップは目元に合わせた濃いめのエンジ色を引き、口を閉じることで大きな口元が目立たないようにしていました」(前出・女性誌ライター)

 その出で立ちでポージングするフワちゃんは、まさにショップの美人店員そのもの。放送後には「みんな草とか土とかの格好してんのにあたしだけこんな格好してのはずい」とツイートし、そこに添えられたレジ対応中の姿は、どこから見てもサマンサタバサの店員といった装いだった。

「そんなフワちゃんをファンは《めっちゃ美人さん》《かわいかったですよぉ〜♡》と絶賛。なかには《中村アンかと思った》という声も複数あがっていたほどです。普段は破天荒さばかりが目立つ彼女ですが、目鼻立ちのクッキリした整った顔付きがあってこそ、あの派手なファッションも似合うというもの。今回のカメレオンメイクはある意味、本領発揮だったと言えるでしょう」(前出・女性誌ライター)

 EXITのりんたろーは「フワちゃんてちゃんとしてたらこんな可愛かったのか!泥酔とかしてたら全然なしじゃないな!見直したぜ!!」とのリプを入れていたが、おそらくは素面のフワちゃんでも全然アリに違いなさそうだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/5 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます