鈴木亮平“喜多見”に「人を安心させる力がある」「医療系スーパーヒーロー誕生」の声、賀来賢人の“ギャップ”も話題に…「TOKYO MER」1話

拡大画像を見る

鈴木亮平主演の日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」が7月4日から放送開始。主人公の喜多見を演じる鈴木さんに「医療系スーパーヒーロー誕生」などの声が続出中。共演の賀来賢人の“ギャップ”も話題を呼んでいる模様だ。

都知事の命で「TOKYO MER」が設立される。“MER”とはモバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す。彼らに課されたミッションは、“一人も死者を出さないこと”――。本作は救命救急のプロフェッショナルチームである「TOKYO MER」の活躍を描いていく。


海外の紛争地やへき地で医療に従事、「待っているだけじゃ、助けられない命がある」というポリシーを持ち、どんな状況でも諦めない救命救急医で「TOKYO MER」のチーフドクターを務める喜多見幸太に鈴木さん。都知事を敵視する厚生労働大臣の命を受け「TOKYO MER」を“潰す”ために派遣されたドクターの音羽尚に賀来賢人。

研修医ながらTOKYO MERを兼務することになり不満を抱いている弦巻比奈に中条あやみ。救命救急の知識と経験が豊富なTOKYO MERの看護師、蔵前夏梅に菜々緒。ベトナム出身のホアン・ラン・ミンにフォンチー。麻酔科医の冬木治朗に小手伸也。臨床工学技師で救命士の徳丸元一に佐野勇斗。喜多見をチーフに任命した東京都知事の赤塚梓に石田ゆり子。

現場で喜多見と対立する東京消防庁ハイパーレスキュー隊の千住幹生に要潤。厚労省医政局のトップとなる医政局長、久我山秋晴に鶴見辰吾。女性初の総理大臣を目指し「TOKYO MER」を解体しようと企む厚生労働大臣の白金眞理子に渡辺真起子といった面々が出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1話ではTOKYO MERの発足記念式典の最中に、バス事故で重篤患者が出ているとの通報が入り、早速チームが現場に急行。喜多見は千住の制止を無視し救助隊より先にバス車内に入ると負傷者のトリアージを行い、比奈の反対を押し切ってバスに衝突したトラックの運転手をその場で手術する。喜多見のやり方が厚労省で問題視されるなか、今度はガス爆発事故の現場で多くの負傷者が発生。救出中に消防隊員が爆発に巻き込まれてしまう…というストーリーが展開。


混乱した状況でも適格に指示を出し、危険な状況でも冷静さを失わない屈強な喜多見を演じる鈴木さんに「鈴木亮平くんだからこその説得力!!」「鈴木亮平には人を安心させる力がある」などの声が続出。「医療系スーパーヒーロー誕生」といった反応も。


またTOKYO MERを潰すために送り込まれた“スパイ”ながら喜多見のピンチを救う音羽。彼を演じる賀来さんにも「ツンデレな賀来賢人すきだよ」「賀来賢人がふざけた顔しない!ただただかっこいい!」「今まで変顔の賀来賢人しか見たことなかったからギャップで悶えてる」といった感想が多数送られている。

(笠緒)

関連リンク

  • 7/5 0:35
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます