【仏・サンクルー大賞】“キーファーズ”G1初制覇!松島正昭氏の共同所有馬ブルーム逃げ切り/海外競馬レース結果

 現地時間4日、フランスのサンクルー競馬場で行われたG1・サンクルー大賞(4歳上・芝2400m・8頭立て)は、ハナを切った2番人気ブルーム(Broome、牡5、C.キーン騎手)と、後方からこれを追った各馬の、直線一杯の追い比べ。

 この争いをブルームが粘り通し、好位から前を追った3番人気エバイラ(牝4、C.スミヨン騎手)に1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分29秒11(重)。

 エバイラからハナ差の3着には、後方から追い込んだ5番人気ゴールドトリップ(牡4、S.パスキエ騎手)が入った。昨年凱旋門賞2着の1番人気インスウープ(牡4、O.ペリエ騎手)は、さらに1.1/4馬身差の4着だった。

 ブルームは父Australia(その父Galileo)、母Sweepstake、母の父Acclamationという血統。アイルランドのA.オブライエン厩舎の管理馬。通算成績は17戦7勝(うち重賞5勝)。

 キーファーズの松島正昭代表の共同所有馬で、勝負服も今回、同オーナーのものを着用。“キーファーズ”にとっては国内外を通じて初のG1制覇となった。

関連リンク

  • 7/5 0:07
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます