「うわ~分からない!」妻の機嫌が悪いときに「夫に求めるひとこと」とは

妻がなぜか機嫌が悪くて困ってしまうことってありますよね。
そんなときは、なんて言葉をかけると機嫌が良くなるのでしょうか。

そこで、「うわ~分からない!」妻の機嫌が悪いときに「夫に求めるひとこと」を4つご紹介します。

(1)なんでも話聞くよ?



女性の機嫌が悪いときには、嫌なことがあって愚痴が溜まっていることが考えられます。
そんなときはめんどくさがらず、愚痴を聞く姿勢をアピールすることがオススメ。

「なんでも話聞くよ?」などと声をかけると、愚痴を言いやすくなりますよね。
散々愚痴ったあとは、すっかり機嫌が良くなっていること間違いなしと言えるでしょう。

(2)自分に原因があるときは素直に謝る



妻の機嫌が悪い理由は、夫にあるというケースが多くみられます。
そんなときにお互い意地になってしまうと、喧嘩に発展してしまうので注意が必要です。

自分に原因があるときは素直に謝ることで、喧嘩を防ぐよう心がけましょう。

(3)感謝の気持ちを伝える



妻の機嫌が悪いときは、喜ぶような言葉をかけると機嫌が良くなります。
「いつもありがとう」などといった普段は伝えられない感謝の気持ちは、妻を喜ばせることにつながります。

そんな言葉で妻を喜ばせ、機嫌をコントロールしてみましょう。

(4)労いの言葉



女性は夫から労いの言葉をかけられると、どんなときも機嫌が良くなる傾向にあります。
「いつもお疲れ様」などの言葉は、思いやりが伝わりますよね。

妻の機嫌が悪いときには、思いやりが伝わるような労いの言葉をかけてみてはいかがでしょうか。


妻の機嫌をなんとか良くしたいときには、言動に気をつけなければいけません。
「うわ~分からない!」妻の機嫌が悪いときに「夫に求めるひとこと」を参考に、妻を喜ばせるような言葉をかけてみましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/4 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます