「絶対飼わん!」頑固な猫嫌いの父親、息子が連れてきた猫にメロメロに(英)

拡大画像を見る

英ロンドン在住のシャーン・リヌーさん(Shaan Renoo、29)が、父親のラジさん(Raj、60)と飼っている雌のブリティッシュショートヘア“アンジー(Angie)”との微笑ましい動画を投稿したところ、瞬く間に人気を集めた。猫嫌いだったラジさんの大きな変化に誰もが笑顔になったようだ。

シャーンさんは半年ほど前からアンジーを飼い始めたが、飼うにあたって大きな問題があった。ラジさんが大の猫嫌いだったからである。

しかしシャーンさんは、まだ子猫だったアンジーをこっそりと家に連れて来てしまった。ラジさんの怒りを受けることを覚悟していたであろうシャーンさんだったが、拍子抜けすることとなった。

アンジーが来てから数日後のこと、椅子に腰かけているラジさんの膝に突然アンジーが座って寛ぎ出したのだ。Instagramに投稿されたこの時の様子を捉えた動画には、迷惑そうな素振りを見せるもどこか嬉しさを隠し切れずにいるラジさんの姿があった。

どうやらラジさんはアンジーが来てから魅了されてしまい、密かに可愛がっていたようだ。シャーンさんはそんなラジさんの激変ぶりを動画にしてTikTokに投稿したところ、630万回以上も視聴されるほど注目を集めた。

動画ではシャーンさんが「ねえ父さん、どうしても猫を飼えないの? お願いだよ」と懇願するも、ラジさんは彼と全く目を合わそうとせず「猫は飼わん! 絶対にこの家で飼うことはない! もし連れて来たら庭から追い出すからな!」と頑なに拒否している。

ところが動画が現在のラジさんの姿に切り替わると、そこにはアンジーを愛おしそうに抱いて庭で一緒に遊ぶ姿が捉えられていた。今のラジさんにとって、アンジーは息子のシャーンさんよりもかけがえのない存在となっているようだ。シャーンさんはメディアのインタビューに応じて、ラジさんについてこのように語っている。

「ずっと娘が欲しかった父は、アンジーを娘のように可愛がっているんだと思います。父がこんなにメロメロになっちゃうなんて、根本的に子供のようなんですよ。アンジーにとって父は本当に良い父親(飼い主)です。父は僕と遊ぶことはないくせにアンジーとは毎日のように遊んでいますから。」

一方でラジさんは、次のように述べた。

「私は猫が大嫌いで、知り合いの家に行っても猫が近づいてくるとその場から立ち去っていたほどでした。それが突然、変わってしまったんですよ。」

「私が仕事から帰って来たら、アンジーはそばに座って私と一緒に遊び始めるんです。もうアンジーが可愛くって。暇さえあればアンジーと遊んでますよ。アンジーと私は今では最高の親友で、そんな今の自分が私にとっても本当に驚きなんです。」

シャーンさんは、そんなラジさんとアンジーに対して「アンジーは飼って数日後には、僕の猫じゃなく父の猫になっちゃいましたよ」と漏らしている。

画像は『The Cat Games 2021年6月29日付Instagram「When your Dad steals your Cat..」』『The Cat Games 2021年6月20日付Facebook「Dads With The Cat They Never Wanted」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 7/4 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます