6日で一周忌「安田裕美の会」開催 山崎ハコ「音楽への思い引き継ぐ」

拡大画像を見る

 2020年に7月6日に死去したギタリスト・安田裕美さんをしのぶ「安田裕美の会」が4日、都内で行われ、妻で歌手の山崎ハコ(64)が出演した。

 山崎にとっては2020年1月以来のステージ。ミニライブでは安田さんがギターを弾いている音源に合わせて歌唱。「出演者として、最後の共演だと思って」と強い思いをファンや関係者へ届けた。

 人生初という囲み取材では夫への思いを吐露。「ライブの前は自分にがんばれよと言うんですが、今はライブの前だけでなく毎日言ってる。毎日励まさないとくじけそうで。光がなくなって、支えもなくなって、ただの暗闇しかないところを初めて経験しました」と声をつまらせながら話した。

 今後は「音楽への熱や、大好きという思いは私が引き継ごうと思った。私はずっとやり続けます、引き継いだから。新曲では安田さんのまねして、ギターを弾きます」と亡き夫が残した音楽への思いを胸に、強く生きていくと明かした。

関連リンク

  • 7/4 20:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます