ヘタフェ、MFビトーロをレンタルで獲得…アトレティコとは来夏で契約満了

拡大画像を見る

 ヘタフェは4日、アトレティコ・マドリードから元スペイン代表MFビトーロが期限付き移籍で加入することを公式サイトで発表した。

 発表によると、両クラブはビトーロのレンタルで基本合意したものの、メディカルチェックはまだ行われていない。5日に加入発表の会見が予定されている。

 現在31歳のビトーロはラス・パルマスの下部組織出身。2013年夏に加入したセビージャでは公式戦通算171試合の出場で28ゴール44アシストを記録し、2014年から2016年にかけてのヨーロッパリーグ(EL)3連覇に貢献した。

 ビトーロは2017年夏、セビージャとの契約延長を翻してアトレティコ・マドリードに加入。当時のアトレティコ・マドリードは補強禁止処分を科されていたため、2017-18シーズン前半戦はラス・パルマスへと期限付き移籍し、選手登録可能となった2018年1月から同クラブの一員となった。

 しかし、アトレティコ・マドリードではセビージャ時代のような輝きを放つことができず、近年は出場時間が大幅に減少。これまでに公式戦通算101試合に出場しているものの、7ゴール9アシストにとどまっていた。

 なお、ビトーロとアトレティコ・マドリードの契約は2022年6月30日に満了を迎える。そのため同選手にとっては、20-21シーズンが実質的にアトレティコ・マドリードでの最終年となった。

関連リンク

  • 7/4 18:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます