安藤なつ、1人目の彼氏とも「金銭感覚の違い」で別れていた?

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつが介護職に就く6歳年下の夫と離婚調停中だという。6月29日、「デイリー新潮」がその詳細を報じた。

 安藤と夫のAさんは2019年8月に交際をスタートさせ、わずか3カ月後の11月22日にスピード結婚。様々なメディアにて夫とのラブラブな新婚生活について語っていた安藤だが、同誌は2人の心が離れてしまった要因として安藤の「超束縛」と「カネ」に関する価値観のズレがあったと報じた。

 記事では、Aさんの知人が安藤の暴走を証言。Aさんは彼女と結婚して以降、酷い仕打ちを受けていたとし、まず挙げたのは安藤の「超束縛体質」だ。Aさんが知人と食事に行くなど外出する際は相手の連絡先を妻の安藤にも教えなければならないルールがあったようで、逆に安藤も親しいマネージャーやスタイリストの連絡先をAさんと共有していたという。

 続いて、安藤の異様なまでにシビアな金銭感覚も夫婦の溝を作る最大の原因に。自宅マンションの賃料こそ、人気お笑いタレントの安藤が6割を負担していたというが、その他の生活費は収入格差があるAさんと基本的に折半。しかも、知人は「たまに安藤さんが食事を作れば、Aさんに食費を請求したというんです」とも明かした。

 2年にも及ばない夫婦生活であるが、安藤は随所でそのドケチぶりを発揮。しかし、「人気商売故にいつまで今の収入が保てるか分からない」との不安も口にしていたようで、彼女なりの節制だったのかもしれない。

 そんななか、大きな事件が起きた。東京生まれ東京育ちの安藤とは対照的に、地方出身のAさんは車がない生活はあり得ないとして、わざわざ安い駐車場を探し、中古車を購入。車検費用の4万円も2人で折半することになり、Aさんは安藤から受け取った2万円を持ってディーラーに向かったが、実際の会計は3万円ほどだったという。Aさんはこの浮いた差額分を安藤に返金するのをすっかり忘れていたところ、彼女はディーラーに実際の額を確かめ、「離婚だ!」と大激怒。2020年11月、安藤の提案で両者の知人も交えた「4者面談」が行われ、その場で安藤はAさんを“犯罪者”呼ばわりするほどの怒りっぷりだったとのことだ。

 安藤は一旦、Aさんと仲直りし、離婚は踏みとどまったものの、今年5月になって再燃。安藤が家を出ていく事態となり、現在は双方ともに弁護士を立ててやり取りをしているようだ。

「金銭感覚のズレが2人の亀裂を深める大きな原因となってしまったようですが、安藤は結婚から2カ月ほどが経過した2020年2月、女性向け情報メディア『telling,』で、夫との新婚生活について言及。デイリー新潮の記事内で指摘されているように、『白物家電は2人で折半して購入しています』と話し、高額な買い物の際に夫と意見はぶつかるのかと聞かれると、『全然ないです。価値観が似ているんですかね。任せるところは任せますし、相手が譲れないんだなと思ったら、こちらが譲ります』と回答しています。

 当時は新婚ホヤホヤということで歩み寄る姿勢があったようですが、同じく『telling,』の2019年3月のコラム内では、まだAさんと出会う前に綴った“恋愛の黒歴史”に関する気になる記載がありました。安藤は2012年頃に出来た初めての彼氏との交際を『数少ない恋愛の中でも黒歴史だった』とし、『すれ違った点はいくつかあるが、その中でも金銭感覚の違いは大きかった』と説明。当時の彼女はバイト収入である13万円ほどがメインで、相手は高給取りだったようですが、『収入の格差がある中、彼の方針で食事はいつも折半だった。平等に付き合うことはいいことだと思うが、1回のデートで最低5000円は飛んでいくのは痛かった』『こっちの生活レベルも考えてほしいと何度も思い』などと嘆いていました。

 かねてより金銭感覚のズレは安藤の中では課題であり続けきたようです」(テレビ誌ライター)

 過去のほろ苦い経験がありながら、生活費の折半という、彼女が“黒歴史”と嘆いた支払いルールを踏襲してしまったのだとすれば、なんとも悔やまれるところである。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 7/4 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます