ウルヴス、バルサからFWトリンコンを獲得! 買取オプション付の1年レンタル

拡大画像を見る

 ウルヴァーハンプトンは4日、バルセロナからポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコンを期限付き移籍で獲得した。

 バルセロナの発表によると、レンタル期間は2022年6月30日まで。また、契約には「非強制的な」買い取りオプションが付帯している。



 現在21歳のトリンコンは、ウイングを主戦場とする左利きのアタッカー。ブラガの下部組織出身で、2020年夏に3100万ユーロ(当時レートで約37億円)の移籍金でバルセロナに完全移籍した。2020-21シーズンは途中出場がメインとなったものの、公式戦42試合に出場。ラ・リーガでは出場28試合のうち3試合に先発し、3ゴール2アシストを記録した。

 また、代表では各アンダー世代で活躍し、昨年9月にA代表デビュー。EURO2020のメンバー入りは逃したものの、これまで6キャップを記録している。

 なお、21-22シーズンからブルーノ・ラージ新体制が発足した“ウルヴス”にとって、トリンコンは今夏2人目の補強となる。同クラブは先日、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)からU-20コロンビア代表DFジェルソン・モスケラを獲得していた。

関連リンク

  • 7/4 18:18
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます