土砂災害の被災者と生中継 NHKアナウンサーの『とっさの対応』に、グッとくる

拡大画像を見る

2021年7月3日、関東地方を中心に襲った大雨の影響により、静岡県熱海市で大規模な土砂崩れが発生しました。

現場では、県警や消防、自衛隊が協力し、行方不明者の捜索や救助活動が続いています。

同日、各局で熱海市の被害状況について報道。NHKのニュース放送時に、中山果奈アナウンサーが取った行動が話題です。

中山果奈アナが、生中継時に取った行動

ニュースを放送中に、現場にいる被災者と、中継がつながった時のこと。

中山アナウンサーは、被災者に対してすぐさま「大変なところありがとうございます」とお礼を述べ、「今、安全な場所にいらっしゃいますか」と問いかけます。

被災者が「今は大丈夫なんですけど、できれば避難してほしいと消防署の方にいわれた」と答えました。

その言葉を聞くなり、中山アナウンサーは、次のような声かけをします。

あっ!そうですか。でしたら、すいません。避難をしてください。

我々の放送はここで大丈夫ですので、避難をなさってください。

すいません。お忙しいところありがとうございました。申し訳ありません。

NHK ーより引用

相手の状況を確認後、インタビューを中断し、すぐさま被災者へ避難を呼びかけた中山アナウンサー。

その後、落ち着いた声で熱海市に関するニュースを繰り返し読み上げていました。

中山アナウンサーのとっさの判断に、ネット上では称賛の声が相次いでいます。

・さすが。迅速かつ適切な判断が素晴らしい。

・テレビを見ていて、正しい判断だと思ったし、落ち着いて声をかけている様子もよかった。

・誰かの指示を仰ぐのではなく、自分の考えで行動できる人はかっこいいと思う。

的確な情報を届けることも大切ですが、いうまでもなく、何よりも優先すべきは命です。

被災者の安全を第一に考えた中山アナウンサーの対応は、多くの人の心に響きました。

[文・構成/grape編集部]

出典 NHK

関連リンク

  • 7/4 16:42
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • ***

    7/6 18:52

    被災地には報道機関は要らん、邪魔。百歩譲って1局で良いやろ。皆懸命に救助とか片付けとかしているのに手伝いもせずに、報道よりも救助やろ。 しないなら来んな邪魔。

  • ヤン中佐

    7/6 17:51

    かと思えば酔っ払いに轢き殺された小学生の友達にインタビューする鬼畜もいる。民放の末端の構成員だったかな。

  • 画とコメントが欲しいディレクターが被災者に頼んだのだろけど、マスコミのパワハラ的なの多いよね※ マスハラ?!、けどアナの冷静な判断で救われた!、そしてまだその場は避難が必要だって状況の事実!が何よりのニュース!であり、コメントが無くても現状の緊迫感が伝わるね※

記事の無断転載を禁じます