高木ブー サイン本お渡し会中に居眠り 机につっぷしぐっすりでファン大爆笑

拡大画像を見る

 ザ・ドリフターズの高木ブー(88)が4日、都内で「高木ブー画集 ドリフターズとともに」の発売記念イベントを行い、サイン本お渡し会中に居眠りしてしまう一幕があった。

 30年ほど前からメンバーのイラストを描きためており、一冊にまとめた画集は、発売10日間で増刷決定と好調。トークショーでは、故郷・東村山駅前に銅像の完成した志村けんさんを引き合いに「オレには銅像作ってくれる人はいないだろうなぁ。上半身だけでも、うちの前に作るかな」などと冗談を連発し、ファンを沸かせた。

 ウクレレによるミニライブも開催。その後のお渡し会ではアクリル板越しの写真撮影などファンとの交流を楽しんだが、参加した約50人のうち残り数人となった時に異変が…。

 久しぶりの人前でのイベントで緊張や疲れがあったと見られ、すっかり眠り込んでしまった。なんとか気力を振り絞るが、机につっぷしてしまうなど体力は限界。レジェンドの愛らしい姿にファンも大笑いだった。

関連リンク

  • 7/4 16:17
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます