エキゾチックなタイ版かた焼きそば“あんかけのスコール”で微笑みがあふれ出す! 

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、海外の有名音楽フェスに出演するなど、国内外で評価されてきた“エクストリーム・ミュージシャン”のMARUOSA。他方で“かた焼きそば研究家”としての顔も持ち、近年は『新・日本男児と中居』(日本テレビ)や『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系)といった地上波のテレビ番組にしばしば登場して注目を集めている。そんな彼が、驚愕の絶品・珍品に光を当てながら、かた焼きそばの奥深き哲学に迫る!

 

 先日、TBS『マツコの知らない世界』に出演させていただいた。もちろん「音楽家」としてではなく「かた焼きそば研究家」としてである。

 歯に衣着せぬ発言でテレビ界を瞬く間に席巻し、今もなおトップランナーとして活躍されているマツコ・デラックス氏との久しぶりの共演。批判覚悟で挑んだが、終始、好感触でホッと胸をなで下ろした。これを機に、かた焼きそばの輪が少しでも広がってくれることを切に願う。

 番組内でも紹介したが、かた焼きそばはアメリカのチャイナタウンで誕生した。その後、日本やそのほか各国に伝播するのだが、特に東南アジアに多く広がりを見せ、今でも現地の人々に深く親しまれている。

 そんな中でも、今回は「微笑みの国」ことタイ王国のかた焼きそばを食してみようと思う。
 日本国内に軽く1000を超えるといわれているタイ料理店。これほどまでに人気となったきっかけは1980年代中盤、加工食品の世界で巻き起こった激辛ブーム、そして85年(昭和60年)に青山に誕生したスパイラルビル地下1階のタイ料理店、CAY(現在は閉店)の存在が大きい。ちなみに、その当時の人気メニューはトムヤムクンであった。

 今ではガパオライスやパッタイ、カオマンガイ、プーパッポンカリーなどさまざまなタイ料理を食べることが可能になったが、タイ版かた焼きそばに関しては必ず提供しているとは限らない……というより、ほとんど見かけない。

 あいつはいつだって日陰の存在なのだ。

 降り立ったのは新宿ど真ん中、歌舞伎町の目と鼻の先。灯台下暗しとはこのことである。
 その名もゲウチャイ、日本語で「宝物」という意味を持つ。タイ料理屋では老舗の部類に入る90年(平成2年) 創業。

 かつて新宿ルミネ1の地下に店舗を構え、本場の屋台を彷彿とさせる相席上等のカオスな雰囲気かつローカルな味付けで人気を博した店だったが、惜しまれつつ閉店。多くの常連客が行き場を失い悲しんだが、2014年に場所を変えて復活した。現在は、江東橋(本店)と成田にも店舗を持つ。

 取材当時はまだまだ緊急事態宣言中だったため、店内には落ち着いた雰囲気が漂う。きっと宣言が明けたら活気が戻ってくることだろう。
 ここでメニューを確認する。

 「ミークローブ ラッアー ガイ」とあるのがいわゆるかた焼きそばなのだが、日本と同様、呼び方は店舗によってまちまちだ。ちなみに、「ミー(หมี่/Mee)=中華麺 クローブ(กรอบ/Krob)=揚げる ラッアー(ราดหน้า/Rad Naa)=あんかけ ガイ(ไก่/Kai)=鶏肉」とのことだが、日本語表記でなぜか「豚肉」と記載されているのはご愛嬌(英語表記ではちゃんとCHICKENと記載されている)。

 タイのフードコートを彷彿とさせるプラスチック皿で配膳。漏れ出る現地感に心躍る。
 具材は鶏肉、飾り切りしたニンジン、フクロタケ、千切りのタケノコと広東菜だろうか。揚げ麺はライト目の中細麺、あんかけに関しては一般的なかた焼きそばに比べてとろみが極端に少なくシャバシャバしている。グレービーソースを使用しているせいか、匂いも一線を画す異国情緒の香りだ。

 と、その刹那、スコールかと思うほどの猛烈な大雨が新宿の街を水浸しに。お天道様のニクい演出に思わず笑みがあふれる。

 時を同じくして、皿の上でも異変が起こっていた。なんと、あんかけのスコールが揚げ麺をものすごい勢いでヒタヒタにしているではないか! 雨宿りの場所を求めて駆け抜ける窓外のサラリーマンのように、急いで口内に避難。

 スコール……そう、それはワガママな女神が散りばめた宝石。

 

 メニューに日本語で記載されていた「あんかけラーメン」の意味が今となってはよくわかる。タイ人にとってはかた焼きそばというより伊府麵に近い感覚なのかもしれない。

 伊府麵とは、小麦粉を水ではなく卵で練った麺(全蛋麺)を油で揚げたもの。そのまま食べるのではなく茹でたものを食す、広東人にはお馴染みの麵である。中国は清の乾隆帝時代に伊乗紋という高官が考案し、インスタントラーメンの原型ともいわれている。

 カチカチの揚げ麺が好みだが、これはこれでクセになる食感だ。

 旅先で偶然見つけた現地でしか手に入らないカセットテープのような、聴けば聴くほどその魅力から抜け出せなくなる、複雑な味わいが特徴のタイ料理らしい中毒性の高い味。とはいえ、辛味は特に感じないので、苦手な人でも安心して食べることができる。

 もちろん、冒険したい人は卓上調味料としてタイ料理には欠かせないナンプラー(魚醤)、ナムターン(砂糖)、プリックボン(唐辛子)、ナムソム(酢)で自分好みにカスタマイズ、どう転んでも混沌確定である。

 あれほどまでに降っていた雨は、食べ終わる頃にはピタリとやんでいた。きっとあれは、かた焼きそばを美味しく食べるための神の恵みだったのかもしれない。

<INFO>
・タイ国料理 ゲウチャイ 新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-21-7 東新ビル2F営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休(年末年始を除く)
※江東橋店は「ミークローブ ラッナー ガイ」の提供なし

〈連載「かた焼きそばのフィロソフィー」の過去回〉
第1回「海老天ベンツも潜む圧倒的な情報量の“揚げ日本そば”スタイル」
第2回「中野坂上にも“夢と魔法の王国”があった! 豚レバーとピリ辛餡が刺激的な『ミッキー』のかた焼きそば」
第3回「椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! “映え”だけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽」
第4回「インド、アメリカ、中国が同盟を結んだ! フォークで食べる常識破りのジャンクかた焼きそば」
第5回「創業90年の町中華で味わう極上“アンビエント”かた焼きそばの宇宙と無常観」
第6回「まるでかた焼きそばのサラダ! 立川で100年以上続く福来軒の懐かしくて新しい逸品」

  • 7/4 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます