あなたのブラジャーの浮きはなぜ起きる?カップが浮く原因と対策

拡大画像を見る

 こんにちは、下着の魔法使いちーちょろすです。みなさま、下着に関してのお悩みはありますか?

 私は元下着販売員で、現在フリーランスとして活動をしています。フリーになると現場にいる頃とは違ったお悩みもよく相談されるのですが、共通してよく聞くのは「カップの浮き」です。やはりブラジャーは浮かずにぴったりとバストに寄り添っていてほしいものですよね。

 今回の記事では、ブラジャーの浮きの種類、浮く原因、対処法についてご紹介をしていきます。

◆ブラジャーのどこが浮いているかで対処法は変わってくる

 一口に「浮き」と言っても、どこが浮いてくるのかは人それぞれです。よく聞く浮きは3種類。

 1、カップ上辺の浮き
 2、カップの内側の浮き
 3、前中心(ブラジャーの真ん中)の浮き

 この中で一つだけ当てはまる方もいれば、全て当てはまる方もいらっしゃいます。

 アンダーベルトもワイヤーの幅もちょうどいいからサイズは合っているはずなのに、なぜだか浮いちゃう…という時はこれから紹介する対処法を試してみてください!

◆1、カップ上辺の浮きは傾斜をみる

 ブラジャーはカップの上辺が少しバスト側に折れ込んでいます。ここの折れ込み具合を傾斜と呼び、この傾斜が緩いと溢れにくくなりますが、逆を言えば浮きやすくなってしまいます。

 傾斜がどこかわからない場合、ブラジャーのカップを横から見てどれくらい折れ込んでいるかを見てみましょう。

 もしくは裏から見た時に何枚かの布が縫い合わされているタイプのブラジャーは、一番上の布がどれくらいの角度で縫われているかを見るのがポイントです。

 ちなみに、姿勢が悪いとここは浮きやすくなるので姿勢を正した状態でも浮いているかどうかチェックしましょう。

◆2、カップの中が浮く時はカップの高さに注目

 カップの上辺は浮いていなくても、中に空洞があると気になってしまいますよね。そういった時にはカップを横や下から見たときの高さを見てみましょう。

 バストにあまり高さが出ない場合、ここの高さがあると中に空洞ができやすくなってしまいます。

 カップの高さが自分のバストの高さと合うように調節するのがオススメです。

 特にツンとしたカップの形のものは、中に空洞ができやすい方も多いです。「気になるけど着けたい!」という時は中にパッドを足すなどの対処をとるようにしてみてくださいね。

 ちなみに、ストラップの調節が緩すぎてもカップが前にたるんでしまって空洞ができることがあります。しっかり引き上がっていて、ストラップのきつさは指がスッと2本程度入るかどうかチェックしましょう。

◆3、前中心に浮きができる時はサイズの見直しも必要

 ブラジャーの真ん中が浮いてきてしまう時は、大きく分けて2つの要因が考えられます。

 ①カップサイズが小さい
 ②浮きやすい胸骨の部分が凹んでいる「ろうと胸」という体型

 ①の場合、カップサイズが小さくバストのボリュームが入りきらないと前中心(ブラジャーの真ん中)部分が浮いてきてしまいます。いつものサイズだけれどワイヤーの幅が狭いという場合でも、脇からバストが逃げてしまってワイヤーがズレ、浮きやすくなってしまうので注意です。

 しっかりバストラインとワイヤーのラインが合っているかチェックしましょう。

 ②の場合、そもそも浮きやすい体型なので浮いてしまってもズレにくいタイプのブラジャーを選ぶのがオススメです。

 軽度な場合はL字型のワイヤーにしたり、アンダーフリーというタイプにするのがよいでしょう。

 割と凹みが強く感じられる場合は、浮かないか店員さんとチェックしながらいろいろ試着をするか、セミオーダーがオススメです。

◆ブラジャーの浮きは年齢問わない悩み

 下着の悩みは年齢によっても変わってくるので尽きませんが、ブラジャーの浮きはどんな年齢の方でも共通であります。

 浮きが気になってはいるけれど、対処法がわからず悩んでいた方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

<文/ちーちょろす>

【ちーちょろす】
下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteやTwitter、YouTubeで発信中。特技はサイズを当てること。趣味は下着屋さん巡り

関連リンク

  • 7/4 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます