天海祐希、速水もこみち特製ドーナッツを大絶賛「美味しかったです」

拡大画像を見る

天海祐希が主演を務める木曜ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系、7月8日スタート、毎週木曜21:00〜※初回拡大スペシャル)の制作発表会見が7月3日に行われ、主演の天海を筆頭に、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、工藤阿須加、塚地武雅、でんでん、小日向文世が登壇した。

同ドラマは、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる。

前シーズンの放送から2年――久々に顔を合わせたキントリ・チームだが、仲の良さは健在。会見でも「年齢層が高いので、前回はお墓の話をしてたけど、今回は仏壇の話になっていました(笑)」(田中)、「田中さんと工藤さんが撮影現場で普通に、コヒさん(小日向)から育ったメダカをいただいて、また育てるという“メダカの引き渡し”が現場で行われているんですね。縁日みたいな感じ。メダカの輪が広がってます!」(鈴木)、「とにかく皆さん、おしゃべり。本番直前までバーッとしゃべっていて、男性陣が天海さんに『ちょっと! 撮影始めるよ!』って怒られてます(笑)」(塚地)など、和み度がハンパないエピソードが続々と飛び出した。

もちろん、このチームワークが撮影にもたらす効果は絶大! 天海も「皆さんにたくさん助けていただいてますし、安心して現場にいられるんですよ。本当にありがたい」と、充実した撮影の日々を明かした。しかも、第4シーズンは初回から、50年の沈黙を破ってハイジャック事件を起こした伝説の活動家役で、桃井かおりもゲスト出演。天海演じる有希子を相手に、最高にヒリヒリする心理戦を展開し、視聴者の度肝を抜きまくることに……! 天海も会見で、感慨深げに「取り調べのシーンは長回しで1回で撮ったので、途切れることなく、お互いにやり合うことができたんです。何とも言えない空間で、濃密な時間でしたね」と振り返り、「すごい経験をさせていただきました!」と力強くアピールした。

また、会見の模様が、七夕の7月7日(水)20時から「テレビ朝日公式LINE」「YouTubeテレビ朝日チャンネル」「ABEMA」「TELASA(テラサ)」でも配信されることもあり、会見では特別に、キャスト陣が短冊にしたためた願い事も披露。いつも周囲への気遣いを忘れない天海の願い事は「みんな笑顔!! 世界平和」。コロナ禍において「世界中の人がいま同じように危機を感じ、乗り越えようとしている……そんな連帯感を感じたんです。なるべく早く、みんなで笑顔になれるような日が来るといいな、と思いました」と天海。ほかのメンバーからも次々と、個性が光る短冊が披露されていったのだが、 ここで思わぬ奇跡が! なんと、でんでんが「キントリ好視聴率/大谷翔平ホームラン王」、小日向が「緊取高視聴率/大谷翔平ホームラン王」と、“好”と“高”の違いはあるものの、まさかのドン被り状態で、ほかのキャストたちも「気持ち悪っ!」「付き合ってんじゃないの!?」と総ツッコミ。

また、天海は第4シーズンの撮影中に“もうひとつの願い事”を、料理が得意な速水に託していたそう。その願い事とは「頭を使う撮影だから、昼食や夕食を食べてもお腹が減っちゃうので、手軽につまめて、腹持ちのいい軽食を作ってほしい!」。しかも、「座長の思いに応えたい」と燃えた速水が会見当日、早々に立ち上がることに! 会見開始時刻の5時間前=朝10時から丹精を込めて作った特製ドーナツを、会見で振る舞ってくれることに。

実をいうと、ドーナツは劇中でキントリ・チームと桃井演じるキャラクターをつなぐアイテム。そんなこともあり、速水は今回「天海さんも女性、さらに“桃”井ということで、ピンクのルビーチョコレートをベースにした」といいます。ラズベリーやシュガースプレー、ミント、レモンやオレンジの皮もあしらわれた華やかなドーナツを、会見開始前に試食した天海は「甘いだけじゃなくて、ほの酸っぱい。いろんな味が感じられて、美味しかったです」と大絶賛。会見中に試食した田中&でんでん&小日向からも「酸っぱい感じがいい」「もちもち感がすごい!」「今ハマってるウイスキーに合わせたい」と大好評で、速水のテンションもうなぎのぼり!「『この味、ドーナッてるの!?』ってなったら、どうしようかと思ってたんですけど(笑)、うれしかったです」と、急に思い付いたダジャレを投下しながら、喜びを表現し、天海らからすかさずツッコミを入れられる一幕も。

さらに、第4シーズンの主題歌が、緑黄色社会が書き下ろした「LITMUS」であることが発表された。会見では緑黄色社会からのメッセージVTRが流れ、「“誰もが持っていないように見えて、誰もが持っている秘密”をテーマに書き下ろしました」という彼らの思いを真摯に受け止めた天海。「若い世代の方から『キントリ』の世界を見たときに、『こういう表現方法があるのか!』と。揺れる思いが描かれた、すごく切なくてカッコイイ曲です」と感激しきりだった。

関連リンク

  • 7/4 13:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます