杉村太蔵「サンジャポ」VTRにあえて指摘「コロナ差別を助長しなかったか」

拡大画像を見る

 元衆院議員でタレントの杉村太蔵が4日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演し、番組内で流されたVTRについて、コロナ差別への注意を呼びかけた。

 保育園と同じ建物内にあるホテルがコロナの療養施設に指定されたというニュース。タレントのりゅうちぇるが、現地を取材し、保育園に子どもを通わせている親が安全性を不安視していることなどを伝えた。

 杉村は、いつもの軽さは一切出さず「新しい問題の提起だなと思う」とVTRの内容を評価。一方で「率直な感想」として「心配してるのはコロナ差別。コロナへの社会への分断を助長しなかったかなと思ってるんです」と慎重に言葉を選びながら語った。

 療養施設については「迷惑施設では決してない」と力説。「われわれだって、きょう、明日感染するかもしれない。そうなったときにこの施設を利用させていただくことになるわけですよね」とホテル側からの目線でコメントした。さらに、現在もホテルで療養している人がいることを強調し「ただでさえ肩身の狭い思いをしてるのに、どんな思いをするかなって胸が痛い気持ちになってしまいましたね」とおもんぱかった。

関連リンク

  • 7/4 12:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます