私たちのところに来てくれてありがとう…、自然にでてきてくれた我が子【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.12】

■前回のあらすじ
仕事をしていると、突然激しい腹痛が。しばらく続いた痛みが少し落ち着いた頃、何かがずり落ちた感覚がしたのです。


■出てきたのは…



■内容物と共に病院へ

子宮は奇麗になっており、流産手術は中止となりました。

子宮収縮剤を処方され、帰宅後…、

病院では少しホッとしたのを覚えています。
しかし帰宅後は、お腹の赤ちゃんが本当にいなくなったことを考えると、また悲しみが込み上げてきました。

ちなみに、この後も度々腹痛が起こりました。
子宮収縮するときの痛みらしいです。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。
次回に続く(全57話)「出産の記録〜低酸素性虚血性脳症で生まれた娘と私」連載は12時更新!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/4 12:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます