猫を動物病院へ連れて行こうとしたら…? 夫婦の実体験に、笑いがこみ上げる

拡大画像を見る

アメリカンショートヘアの正太郎くんを飼っている、漫画家の田中光さん。

正太郎くんは、田中さんの妻に対し、ちょっぴり噛みグセのある、3歳のオス猫です。

猫を愛する夫婦と、やんちゃな正太郎くんが織りなす日々は、ゆかいでクスッとするエピソードばかり。

愛猫との日常を描く実録漫画『つまねこ~妻とねこの話~』から、おすすめの作品をご紹介します!

『つまねこ~妻とねこの話~』

正太郎くんの左後ろ足は、昔のケガの後遺症で関節がうまく動かず、変形しているのだそうです。田中さん夫婦は、獣医師の指示に従って、マッサージをしますが…。

『おやつをあげる係』

©田中光/講談社

どんなに塩対応でも、夜に眠る時は、夫婦のベッドに来て丸まる正太郎くん。

「自分のほうに、より体重を預けてくれてる」と誇らしげに話す妻の姿に、心が和みますね。

『キャリーバッグ問題』

血液検査のために、正太郎くんを動物病院へ連れて行くことにした田中さん夫婦。

しかし、正太郎くんは動物病院への恐怖心から、キャリーバッグに入ることを嫌がりがちで…。

©田中光/講談社

おやつを使った作戦で、キャリーバッグに正太郎くんを入れようとした2人。

しかし!正太郎くんから、おやつをねだられた妻は、我慢できずに直接手渡してしまいます。

ペットを飼っている人にとっては、「これは仕方ない」とうなずく結果かもしれませんね…。

『つまねこ~妻とねこの話』の単行本第1巻が発売!

2021年7月6日に、『つまねこ~妻とねこの話』の単行本第1巻が発売されます。

作者の田中さんからは、grapeの読者に向けて、次のようなメッセージが届いていますよ。

はじめまして。田中光と申します。
グレープカンパニー所属のお笑い芸人です。

『サラリーマン山崎シゲル』などを描いているギャグ漫画家でもあります。

そんなお笑いばかり作ってきた僕が、
エッセイ漫画を描くことになり、
この度単行本1巻が発売されます!

我が家の猫(正太郎)と妻のドタバタ劇です。

猫が好きな方にも、
そうでない方にも楽しんでいただけたら嬉しいです。

猫を飼っている人にとっては、「あるある」と笑ってしまうエピソードが盛りだくさん。ぜひチェックしてみてください!

[文・構成/grape編集部]
©田中光/講談社

関連リンク

  • 7/4 11:24
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます