「7月から9月がねらい目!」エアコン、冷蔵庫…白物家電を「底値で買う」マル秘テク

拡大画像を見る

 コロナ禍のおうち生活が続き、使用頻度が増えているのが“家電”。長年の愛用で、気づけばボロボロ、新しくしたいけど、家計が……そんな読者に朗報! 新品の家電を、驚きの価格で買える裏技があるのだ。

 それはズバリ“購入時期”。年間2億円の売り上げ実績を誇る家電販売員であり、ブログで家電情報も発信する、たろっさ氏もこう語る。

「大型家電には、年に一度、新製品が出る時期があります。その前後に、ひとつ前の型落ち家電が、一番安く売り出されるんです。モノによっては、発売当初の価格の半額で買うこともできます」(以下、たろっさ氏)

 これからの7月から9月の期間は、特にお得な家電がめじろ押しだという。まずは、夏には欠かせないエアコンについて。

「夏の商戦で、7月は本体価格がグッと安くなります。それを狙って買い替えましょう。オススメは、日立製のエアコンです。中にステンレス素材を使っていることが多く、カビが生えにくいので長く愛用できます」

 ただ、注意点もある。「今の時期は、工事の施工予約が難しい。そのため夏に購入しても、少し先に取りつけということもありえるので、確認が必要です」

 次に、家での自炊が増えたことで大活躍の冷蔵庫。

「冷蔵庫は夏に壊れることが多く、その需要を狙い、8月から9月にかけて新製品が出ます。ですので、7月が一番の買いどきです。400リッターくらいの大型冷蔵庫や、ミドルクラスの価格帯の冷蔵庫は、特にお安くなっています」

 汗ばむ夏は洗濯物も増えるが、洗濯機も今なら、お得に買えるという。

「5月にモデルチェンジが行われたので、旧モデルが安価で売り出されています。ただ、展示在庫品限りとなるので、今の時期まで店頭に売れ残っている商品は多くありません。もし、今の時期に、店頭で大特価の洗濯機を見つけたら、それは間違いなくお買い得です」

 7月5日発売の『週刊大衆』7月19日号に掲載されている「家電買いどきカレンダー」を見てお得に買い物を!

関連リンク

  • 7/4 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます