藤井聡太棋聖「初心に戻って前を向いて」最年少初防衛&九段 一夜明け会見

拡大画像を見る

 3日に指された第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第3局に勝利して棋聖を獲得し、史上最年少となる18歳11カ月でのタイトル防衛&九段昇段を達成した藤井聡太棋聖(18=王位との二冠)が、勝利から一夜明けた4日、沼津市内で会見を行った。

 スーツ姿で会見に臨み「去年の棋聖戦はタイトル戦が初めてで実感がわかないこともあったんですけど、防衛戦ということでタイトルの重みを感じながらの戦いだった。そのなかで結果を出せたのは大きなこと」と振り返った。

 色紙には「初心」としたため「今回防衛することができて、そういった結果に満足することなく、初心に戻って前を向いていきたい気持ちを込めました」とその心を語った。

 昨夜は師匠の杉本昌隆八段(52)から祝福のメールがあったと明かし、「今回こういった結果を出せたことは、いい報告になるかなと思います」と喜んでいた。

関連リンク

  • 7/4 9:47
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます