菅田将暉は何位?春ドラマで良かった主演男優ランキング

拡大画像を見る

 味気ない毎日にじわりと旨いスパイスを与えてくれるテレビドラマ。物語に生きる人々に心動かされて、ちょっとした充実感を覚えることも多いものです。そこで、この春も真に迫る演技に思わず見惚れてしまったベストアクターをドラマウォッチャー・林らいみが独断と偏見で選出。勝手に表彰してしまいます。

 でもその前に、ドラマ好きの皆さんの意見も聞いてみたくて、春ドラマで主演を務めた俳優を対象にアンケートをとってみました(※)。その結果がこちら。まずは10位から4位を発表します!

◆松坂桃李、2作主演で4位ランクイン

===============
この春放送されたドラマで良かったと思う主演俳優は?(複数回答)

4位 松坂桃李(NHK総合『今ここにある危機とぼくの好感度について』/テレビ朝日系列『あのときキスしておけば』) 16.0%
5位 鈴木亮平(フジテレビ系列『レンアイ漫画家』) 14.5%
6位 中村倫也(テレビ東京系列『珈琲いかがでしょう』) 12.5%
7位 櫻井翔(日本テレビ系列『ネメシス』) 11.5%
8位 玉木宏(テレビ朝日系列『桜の塔』) 10.0%
9位 西島秀俊(テレビ東京系列『シェフは名探偵』) 9.0%
10位 小泉孝太郎(テレビ東京系列『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』) 7.5%
===============

 6位の中村倫也は、『珈琲いかがでしょう』でやんちゃをしていた頃のふてぶてしい様子と、人が変わって珈琲店の店主らしい穏やかな様子を同じ人物の中で演じ分け、さすがの演技力。

『レンアイ漫画家』で堅物で変人の漫画家を演じた5位の鈴木亮平もまた、ガラリと雰囲気を変えて爽やかな人物像を表現してみせたり、そのギャップが魅力的でした。

 4位の松坂桃李は今期、『今ここにある危機とぼくの好感度について』と『あのときキスしておけば』の2作品で主演を務める活躍ぶり。ともに見かけ倒しの冴えない男がハマリ役に。

◆ベスト3は?

===============
1位 菅田将暉(日本テレビ系列『コントが始まる』) 32.5%
2位 竹野内豊(フジテレビ系列『イチケイのカラス』) 28.0%
3位 阿部寛(TBSテレビ系列『ドラゴン桜』) 25.5%
===============

『イチケイのカラス』で主演を務めた竹野内豊が2位にランクイン。彼の演じる「入間みちお」という型破りな裁判官が最高にチャーミングでした。

 さて、ドラマウォッチャー・林らいみが魅了されたのはこの3人。主演に限ることなく、すべての男性キャストを対象に選んでみました。

◆名演賞 岡田将生『大豆田とわ子と三人の元夫』

『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系列)に出演した岡田将生は、ヘリクツばかりこねる嫌味な弁護士かと思いきや、「慎森(しんしん)」というパンダのような名前に似つかわしい可愛らしさを持つ3人目の元夫を好演。

 理屈をこねるときはスラスラと滑舌のよい早口を披露。飄々(ひょうひょう)とした様子でとぼけたことをのたまう掛け合いも楽しかったです。パスタと小麦粉を頭からかぶる漫画のようなシーンも違和感なく魅力的に演じ、ユニークなキャラクター作りに成功していたと思います。

◆名演賞 北村有起哉『半径5メートル』

 ひと目見たときからその佇(たたず)まいに惚れ惚れしてしまったのが、『半径5メートル』(NHK総合)でトランスジェンダーの女性を演じた北村有起哉。

 スッと背筋を伸ばしてソファに座る姿が実にエレガント。女性らしい言葉遣いも無理がなく、普段からこんな口調なのかと思ってしまうほど。お菓子を指でつまんで配る仕草もいちいち上品で、頭のてっぺんから足先まで女性を感じます。わざとらしさがまったくなく、肩の力の抜けた演技が見事でした。

◆最優秀名演賞 菅田将暉『コントが始まる』

 ランキングで1位に選ばれた菅田将暉。『コントが始まる』(日本テレビ系列)でお笑い芸人として成功する夢を追う主人公を等身大で演じましたが、もはや演技に見えないことも。

 あまりにも自然に言葉を発するため、用意されたセリフなのか、アドリブなのか、判断しかねてしまいました。特に、同じく演技達者な神木隆之介と仲野太賀と談笑しているシーンなどは、まるでメイキングでも見ているかのようなやりとりに。

 思いが込み上げて自身にツッコミながら涙を流す姿も、本気で泣いているかのようにリアル。今期の最優秀に選ばざるをえません。

 さあ、この春あなたを魅了したベストアクターは?

【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30~49歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2021年6月20日
有効回答者数:30~49歳女性200名

<文/林らいみ>

【林らいみ】
フリーライター。大学院で日本近世史を研究した硬派の歴女。舞台・映画・ドラマが好物。観たい舞台があれば万難を排して劇場に馳せ参じ、好き勝手言っている。たま~に歴史系記事を書く。

関連リンク

  • 7/4 8:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます