『イッテQ』“自衛隊まるかぶり”事件でわかったジリ貧「もう無理!」悲鳴

拡大画像を見る

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、危機が訪れている。

 6月27日放送の『イッテQ』は、前半が宮川大輔(48)による「ニッポンお祭り道中in福井県・高知県」、後半が森三中の村上知子(41)、椿鬼奴(49)、バービー(37)、おかずクラブのオカリナ(36)、ガンバレルーヤのまひる(27)とよしこ(30)ら6人の女芸人が集結した「温泉同好会 in 広島県」と銘打たれた運動不足解消ツアーだったが、この「温泉同好会」の内容が物議をかもしているという。

「序盤は瀬戸内海で10人乗りのサップ(船のような板)でパドルを漕いだりボクシングする全身運動をしたり、サッセンという“デジタルチャンバラ”をしたり、バンジーしたり盛り上がっていました。問題はバービーが途中参加して6人で呉港を訪れ、海上自衛隊の訓練を受ける企画でした」(女性誌記者)

 潜水艦教育訓練隊で6人は訓練を受けたのだが、番組では、潜水艦内の機械室を再現した訓練室で行う「浸水してきた際の対処法」を大きく取り上げた。亀裂から怒涛の如く吹き出す水をよしこが必死に手で押さえ、顔を水びたしにして「異常なし!」と叫ぶ身体を張ったギャグもあった。

■内容も視聴率も申し分なかったが…

「まひるが自分のカラダを盾にして水をせき止めている間に、残りメンバーが亀裂に引っ掛けて固定する板パッチでうまく入れ替わって壁の穴をふさいだり、よしこの“負けるなまーちゃん!”という応援に答えるように“うぁーー!”と雄たけびをあげてハンマーでパイプの穴に木栓を打ち込んだりと、盛り上がってはいたんですが……」(制作会社関係者)

 准海尉の教官も手を叩いて「すごかったです。本当に感動しました。私たちも精進しなきゃなと思った」としており、見ごたえのある内容だった。平均世帯視聴率も11.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、まずまずの数字だが、一体、何が悪かったのか。

「この自衛隊の企画ですが、同局の『沸騰ワード10』でカズレーザー(36)の人気企画『自衛隊に取り憑かれたカズレーザーシリーズ』と被っているのではないか、という指摘があるんです。毎回、カズレーザーが自衛隊基地を訪れて体験入隊したり、任務の裏側を紹介する企画ですね」(前同)

 カズレーザーの姿勢は国からも評価されており、今年5月7日放送回では岸信夫防衛大臣に「詳しくご紹介していただいて自衛隊としても助かっています。国民のみなさんに自衛隊の活動を理解、協力していただけるのではないか」と、感謝状と記念メダルも授与されている。

 インテリ芸人として知られているほか、純粋に自衛隊好きということもあり、カズレーザーの知識量もすさまじい。毎回のように、「あれは○○ですよね」と細かい雑学も添えて語り、視聴者を大いに楽しませてくれている。

■「スムーズに行きすぎてハプニングが起こらない」

「カズレーザー自身も、上空の高度450メートルからヘリが地面に向けて急降下する「ダイブ」に挑戦したりと身体は張りますが、『イッテQ』ほどではない。むしろ自衛隊にまつわる雑学や、仕事紹介、隊員インタビューなどに力を入れています。自衛隊の魅力をPRするという面では、圧倒的に『沸騰ワード』のほうが勝っていますね」(前出の女性誌記者)

『イッテQ』は、本来であれば世界中の異文化に触れたり、秘境を巡ったりするバラエティ豊かな番組だったが、コロナ禍の影響で昨年から海外ロケはまったくと言っていいほどなくなってしまった。昨年12月17日には『日テレNEWS24』インタビューでロッチの中岡創一(43)が、

「スムーズにいきすぎてハプニングが起こらない。善し悪しですよ」

 と答えている。ロケはしやすいし安全ではあるものの、やはり撮れ高を狙いづらくなったのかもしれない。

「コロナ禍で海外に出られず、『イッテQ』は国内の秘境をめぐっていますが、いずれ限界がくる。視聴率は悪くないですが、国内をほじくり返さざるを得ず、よそと内容が被ってしまう。

 今回の自衛隊ロケなんてまさに典型でしょう。国内で、自衛隊以上に強い絵が撮れるところはない、という理由もありますね。残念ですが、『イッテQ』はカズレーザーの人気コンテンツに追随している感じで、プライドを感じられない、という指摘もあります」(放送作家)

 このままいくと、行きづまるのは目に見えている。『世界の果て』を目指そうにも、国内から出られず行く先がない『イッテQ』は、存続の危機を迎えている!?

関連リンク

  • 7/4 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • まる☆

    7/5 12:42

    また海外行けるようになれば勢いも戻るのでは?

記事の無断転載を禁じます