『ナイト・ドクター』第2話でまさかの視聴率急落!回復の鍵は「岸優太の癒やし」

拡大画像を見る

 波瑠(30)主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第2話が6月28日に放送され、平均世帯視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)で、初回の13.4%から2.8ポイントダウンしたことが分かった。

 このドラマは、病院スタッフの働き方改革を目指し、夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”結成のために集められた、年齢も性格も価値観もまったく異なる医師たちの青春群像が描かれる。ナイト・ドクターのスタッフは、朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭/36)、深澤新(岸優太/25)、桜庭瞬(北村匠海/23)、高岡幸保(岡崎紗絵/25)の5人と、指導医の本郷亨(沢村一樹/53)。

 第2話では、恋人の大輔(戸塚純貴/28)の浮気現場を目撃してしまった美月が、いつもと違う様子を深沢たちに見抜かれ、成瀬から職場に私情を持ち込むなと言われてしまう。そんな夜、深澤と高岡は指導医の本郷から、重症患者だけでなく、昼の診察に来られない外来患者も診るよう命じられる。

 美月も外来患者の診察室に入ると、足を骨折したというマスクの男が。しかし、言動がおかしいためマスクを外すと、美月を心配した父の哲郎(佐戸井けん太/64)で、「困るんです、たいしたことない症状で夜間に病院に来られたら!」と美月に叱責されて……という展開。

 今回は美月と父のエピソードがメインで、13年前に妻をなくした美月の父は、娘がナイト・ドクターとして働くことに反対しており、普通の病院で働くことを願っていた。そのため、美月は父を避けるようになったという。

■内容が月曜9時には不向き?

 視聴率が大幅にダウンした第2話だが、その理由を探ると、月9にしては暗くて重いエピソードが思い当たる。美月の父娘エピソードは2人の和解によって解決したが、そのほかにも、緊急性がないのに病院に来る“コンビニ受診”という医療問題や、働く女性の育児問題などが描かれた。

 社会的に考えなくてはいけない、大切なテーマではあるが、月曜日の夜のリラックスした時間を楽しみたい視聴者にとって、期待していた月9ドラマの内容とは違っていたのかもしれない。

 また、具体的な描写に関しても、初回は緊急搬送が相次ぎ、今回は北村匠海が胸を抑えて苦しそうな姿を見せるなど、どうにも重苦しい。さらに、しばらく引っ張るかと思われた美月の恋模様も、大輔があっさり身を引いて終わってしまったため、雰囲気は暗くなるばかり。

 そんな中で、物語に明かりを灯してくてそうな存在が、King & Princeのメンバーでもある岸優太だ。両親を早くに亡くし、病気がちの妹の面倒をひとりで見ていいるという、深刻な問題を抱えているものの、ポンコツキャラのかわいい一面も。

■岸優太が演じるのは意外に重要な役柄

 劇中では、ナイト・ドクターのスタッフを傍観者的に見守るスタンスで、基本、受け身の立ち位置。今回も美月と父の和解を影から後押ししたのは深澤で、自身がトラブルを抱えるというより、事情を抱えるスタッフを励ましたり、癒やす存在になりそうだ。

 ドラマ公式サイトのインタビューで、岸は深澤について「まじめなんだけど時々、“ここはそつなく”と考えてしまうことも、僕と重なります。新のセリフにも、僕が日常使っているような言葉もたくさん出てきますね」と、自身とシンクロする部分があると語っている。

 岸自身が持っている癒しの魅力で、深澤の存在感を高めていくことが、視聴率回復のカギになるかもしれない。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 7/4 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます