ドンファン小林廣輝アナが愚痴!朝食会?『アッコにおまかせ!』の「ド昭和ルール」!!

拡大画像を見る

 6月11日発売の『FRIDAY』(講談社)にテレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー(25)との熱愛が報じられたのを機に、複数の女性との交際や浮気疑惑も次々と浮上し、“赤坂のドン・ファン”の異名が定着しつつあるTBSの小林廣輝アナウンサー(27)。

 6月24日にはレギュラー出演していた『Nスタ』を欠席。6月27日放送のバラエティ番組『アッコにおまかせ!』への出演も見合わせられた。

 番組冒頭、MCの和田アキ子(71)は小林アナについて「独身ですから、犯罪を起こしたわけではないし」としたうえで、「本人の自覚が足りなかったということ」「テレビに出るということはいろんな意味で影響がある。会社や一緒に仕事をしているみんなにどういう影響があるか考えて、自覚を持って生きていただきたい」と苦言を呈したことも大きな話題を呼んだ。

『FRIDAY』の報道以降、小林アナの下半身事情に加え過去のエピソードに関する記事も多出。6月25日の『NEWSポストセブン』では、小林アナが『アッコにおまかせ』の仕事について愚痴を漏らすことが多かったと報じている。

 記事によると、特に和田に対する挨拶や出迎えなどを重んじる、そういった先輩を立てる文化をわずらわしく感じていたという。

 放送作家は話す。

「小林アナをフォローするわけではないですが、実際、『アッコにおまかせ』は“旧態依然”とした番組なんですよね……。番組は日曜午前11時45分からのスタートですが、アッコさんは午前7時、8時には局入りするそうです。さらにその後、『朝食会』という名の番組伝統行事が行われるんです」

■スタッフ集合で「朝食会」&「お見送り」も!

「朝食会」では和田を筆頭に『アッコにおまかせ』の番組スタッフが集結して一緒に朝食を食べるという。

「昔はスタッフが炊飯器でご飯を大量に炊いて、本当にリアルな朝食を一緒に食べていたそうですよ。さすがに今ではそのようなことはないそうですが、多くの関係者が揃ってお弁当を食べながらミーティングを行うといいます。番組前の打ち合わせは、当然とても大切ですが、ただ、こんなことをやっている番組は他にはないでしょうね。

 しかし、『アッコにおまかせ』ではそれが伝統になっていて、アッコさんだけでなく、番組上層部やマネジメントサイドにとっても当たり前になっているそうですよ」(前出の放送作家)

『NEWSポストセブン』の記事にあるように、和田に対する“挨拶”や“出迎え”も徹底されているという。

「番組終了後には、TBS地下の駐車場まで番組上層部がズラリ揃って、アッコさんに挨拶をして見送るんです。不測の事態など、何らかの理由で挨拶に来ることができない番組関係者もタイミングによってはいますが、そういった人は気づいたら別の番組や部署に異動しているとか……。

 これにも“コロナ禍に大勢で集まって挨拶するのはどうなの?”という疑問視する声もありますが、小林アナもこういった慣例に疑問を抱いていたのかもしれませんね。

『アッコにおまかせ』で行われているのは、番組の一体感を大事にするもの、そして礼儀をしっかりとするという極めて真っ当な常識的なことと言えるでしょう。しかし、旧時代的な部分は否めず、令和になっても昭和の芸能界の“正しい常識”が息づいている“遺産”のような番組とも言えるかもしれません。

 そこで小林アナも進行役として頑張っていたわけで、アッコさんに厳しい言葉を投げかけられてしまったわけですが、小林アナに報じられていることが事実ならば、やったことがやったことですからね。

 ただ、『NEWSポストセブン』にあった小林アナの『アッコにおまかせ』への愚痴というのは、番組のこのような部分に対するものだったのでしょうね」(前同)

 和田に苦言を呈されてしまった小林アナだが、『アッコにおまかせ』に戻ってくるのだろうか、それとも……!?

関連リンク

  • 7/4 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます