オムツ替えに赤ちゃんの同意が必要? 保育所を運営する企業の提案に「冗談だよね?」と人々困惑(豪)

拡大画像を見る

オムツ替えについての記事を掲載したのは、オーストラリアのシドニー、メルボルン、ブリスベンで保育所を運営する民間企業「Only About Children」だ。

記事の中では、同社で児童サービスカリキュラムアドバイザーを務めるジェニー・ケーブルさん(Jenny Kable)が「オムツ替えは、他のことをしたいために急いで終わらせるものではありません。オムツ替えをすることは、学びや人間関係を築く重要な機会であるとされています」と明かす。

そして箇条書きで、オムツ替えのポイントが記されている。

「丁寧に始めましょう―子どもは遊んでいるのを邪魔されることを嫌がります。オムツ替えをする前に、遊びの合間がやってくるまで待ちます。そして『オムツ交換台まで行く? それとも運んでいこうか?』と尋ねましょう。」

「子どもを愛しているという気持ちを伝えましょう―オムツ替えはゆっくりとしたペースで行い、子どもに集中します。子どもは親が急いでいることや気が散っていることを感じて、抵抗することがあるのです。子どもに協力を仰ぎ、冷たいおしりふきの感触やジッパーの上げ下げなど今、何をしているのか話しかけましょう。」

「オープンマインドで接しましょう―子どもが動き回るようになってくると、立ったままオムツ替えをするなど方法も変わってくるかもしれません。自立を促すために自分でオムツを外したり、お尻を拭いてみるように聞いてみましょう。」

「いつも簡単に済むわけではありません―オムツ交換が時々悲惨な状態になることを頭に入れておき、それを受け入れ、子どもと一緒にその時の感情を共有しましょう。」

同社のナショナル・エジュケーション・マネージャーであるアンジェラ・エヌゲイヴンさん(Angela Ngavaine)は、「子ども達に抱きしめてもいいかどうか、顔を拭いてもいいかどうかを尋ねる際には、RIE(Resources for Infant Educarers)メソッドに基づいた方法を使用しています」と話す。

RIEメソッドは「幼い子どもでも、物のように扱うのではなく唯一無二の人間として扱い、受動的ではなく能動的に物事に参加するべき」という考えを基準とするものだ。

しかしアンジェラさんは「赤ちゃんや子どもがオムツ替えに同意していないように見えても、オムツを替えることはありますよ」と掲載された記事と食い違うようなコメントを残しており、同社が推奨するオムツ替えの方法はそう簡単に実行できないようだ。

この記事を読んだ人々からは以下のようなコメントが届いており、多くの人が疑問を抱いたようだ。

「オムツ替えを“ゆっくりと優しく”なんて無理でしょ」
「こんな記事を自分が読んでいるなんて信じられないし、こんなことを考えた人がいることも信じられない」
「これってジョークだよね?」
「世界は完全に狂ってしまったようだ」
「自分の子はこんな保育園に入れたくないな」
「こんなことをしているから、今の若い子たちは何でもしていい権利があると勘違いするんだよ」

こうした声の一方で、「似たような考えをこれまでに見てきたけど、今回のアイディアは最高だと思う」と肯定的な意見をする人もいた。

ちなみに今年4月にはアメリカ在住の女性が、赤ちゃんのオムツ替えの際に何をしているのか説明したり、オムツを今変えたいのか、それとも後で変えたいのかを赤ちゃんに尋ねるという方法をTikTokに投稿し話題を呼んだ。こちらでは「素晴らしい母親だ」などポジティブなコメントが目立っていた。

画像は『news.com.au 2021年6月29日付「Aussie childcare chain tells parents how to perform ‘respectful nappy changes’」(Picture: iStock)』『Only About Children 「Respectful Nappy Changes」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/4 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます