生まれ変わった名門ホテルで最高のおもてなし。優雅なテラスで極上の一杯を

新規ホテルの開業ラッシュもひと息つき、改めてホテルのテラスの上質さが見直されている。

サービスの最高峰とも称される高いホスピタリティは、あらゆる面でゲストの信頼を裏切らない。

ラグジュアリーなテラスでビールを楽しめる、「The Okura Tokyo」の『オーキッド』を紹介しよう。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

優美なテラスを備え生まれ変わった、名門の変わらないホスピタリティ 『オーキッド』@The Okura Tokyo

1階でも高層階でもない、5階という立地の利点が最大限に生かされ、開発が進むエリアながら車や工事の音は遠く、また風の通り道が確保されているため、夏でも心地よい。「ザ・プレミアム・モルツ(生)」1,700円(サ込)

一流のホテルマンが提供する極上の一杯に、上質なテラスのなんたるかを知る


50年以上続く歴史に幕を下ろし、「The Okura Tokyo」として新たな一歩を踏み出したのは2019年9月。

“建て替え”だけでなく、一からのスタートを選択した名門ホテルは、館内の随所に伝統と革新が共存する。オールデイダイニング『オーキッド』も然り。

「ローストビーフ 温野菜添え 150g」5,200円(サ込)。低温で2時間、じっくりと火入れした国産牛のサーロインは、ホテル伝統の1皿。牛すじを9日間、焼いて足してを繰り返し、上澄みだけを使うグレービーソースは、雑味のないクリアな味で肉の旨みに奥行きを与えている


ホテルを代表する、名物料理ローストビーフを楽しめるテラス席が新たに加わったのだ。

開放感あふれるダイナミックな吹き抜けの店内を横目に、外に続く扉の向こうへ踏み出してみる。

その、ビルの谷間に現れたまるでエアポケットのような空間は、開放的ながらも優美なインテリアで統一され、店内と変わらず洗練された雰囲気に満ちている。


せっかくならば、ビールには伝統の一皿を。

肉厚な「スモークサーモン」3,200円(サ込)は、ドイツでは定番の組み合わせ。ケッパーやオニオンの清涼感もビールを後押し。


5つのフィリングが絶妙なハーモニーをもたらす「クラブハウスサンド」3,000円(サ込)は、齋藤裕樹料理長が「ビールと最高の相性」と太鼓判を押す一皿。


しっかりした辛さが後引くクラシックな「フィレビーフカレー」3,400円(サ込)。

豪州産牛肉のフィレの部分を焼き、伝統のルゥで絡めた〆にふさわしい逸品だ。

【テラスといっても……ここが一流ホテルならでは!】


テラス席とは思えないテーブルセッティング。

“世界一白い”と称されるニッコー製の洋食器はオリジナル。

また、フランス製のエルキューイのカトラリー、季節毎に蘭の切り花で彩るなど、細部までホテルの矜恃を感じさせる。


席はハイテーブルとローテーブルの2タイプ。きちんと食事をしたい人、寛いで軽くつまみたい人、シーンに応じて使い分けも可能。

そんなロケーションで味わう、“ホテルクオリティ”の生ビールがまた旨い。極上の一杯で喉を潤して、心地よいシートに身を沈める。

ひと思いに息を吐き出せば、この一杯のために今日があった、そう確信するはずだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/5 13:32
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます