デ・ブライネ、ベスト8で敗退もW杯でのリベンジ誓う「全力を尽くす」

拡大画像を見る

 ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)がEURO2020を振り返った。スペイン紙『マルカ』が3日にコメントを伝えている。

 ベルギーは2日、EURO2020準々決勝でイタリア代表と対戦。ベルギーは31分に先制を許すと、44分に追加点を決められる。45+1分にロメル・ルカクのゴールで1点を返したが、その後得点を奪えず試合終了。ベルギーは1-2でイタリアに敗れ、ベスト8で敗退となった。

 デ・ブライネは、決勝トーナメント1回戦・ポルトガル代表戦での負傷が懸念されていたが、イタリア戦ではフル出場を果たした。デ・ブライネは試合後、「メディカルスタッフに感謝したい。足首にダメージがあったから、プレーできたのは奇跡的だった」と話し、「僕達は多くの負傷者を出してしまい、難しい大会だった。それでも最後まで戦ったよ」と今大会を振り返った。

 同選手は、2022年に開催されるカタール・ワールドカップに向けて「世界トップレベルのチームを相手に負けてしまった。ワールドカップでは勝てるよう全力を尽くす。そのためにまずは体を休ませないといけないね」と意気込みを語った。

関連リンク

  • 7/4 1:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます