えなこと交際発覚したプロゲーマーけんき―いったいどんな職業でどうやって稼いでどこで出会った?

拡大画像を見る

 7月1日にコスプレイヤーのえなことプロゲーマーのけんきの2人が、それぞれのツイッターを更新し交際を報告した。2年以上続く交際だそうだが、通常こういった交際報道はスキャンダルになりがち。だが、逃げ隠れせずメディアからのインタビューに応じたこともあって、祝福ムードがあふれる1日となった。

 プロゲーマーを夫に持ち、今年6月に待望の第1子を授かった倉持由香からも「えなけんめでたい お幸せに!」というお祝いメッセージがツイッターを通じて投稿された。

 交際中のけんきはプロゲーマー界隈で知名度がないわけではないが、日本を代表するコスプレイヤーえなこには到底かなわない。実際、この報道を見て「けんき」を検索して容姿を始めてみた人も多いだろう。なかなかのイケメンと評されているが、プロゲーマーという職業についてどこまでご存知だろうか?

 プロゲーマーは文字どおり、プロのゲーマーのことで、ほとんどのプロはチームに属している。けんきはチーム「父ノ背中」に所属していて、副リーダーも務めている。プロゲーミングチームとはいえ、各人には専門ゲームやジャンルがあることが一般的。

 けんきは、『レインボーシックス シージ 』が専門ゲームだ。日本では「R6S」「虹6」などと称されることも多いこのゲームは、2015年12月に発売されたFPS。ゲームは防衛側と攻撃側に分かれてチーム戦オンラインプレイがメインとなる。

 ラウンドに応じて攻守交代があったり、使用できるキャラ(オペレーター)がどっちサイドかによって異なっているため、かなり戦略性の高いFPSでただドンパチしていれば勝利できるタイプとは大きく異なるゲームだ。

 もちろん、けんきはこれ以外の活動もしている。というか、収入の大部分はこれらからだと想定していい。具体的には、YouTubeやミルダムを中心とした動画投稿や配信、エナジードリンクやアパレルのプロデュースだ。

 登録者数30万に迫っているYouTubeの「けんき」チャンネルは、R6Sを中心に『Apex Legends』や『Among Us』など人気ゲーム、企画動画など多数の投稿がある。再生数に多少のばらつきはあるものの、収入の柱になっていることは間違いなさそうだ。

 配信はほぼ毎日行っており、1回あたり5時間ぐらいとかなり長丁場。

 また、FPSを専門とするけんきがプロデュースしているものとして、エナジードリンク「eNERGY HACK」がある。「単純に僕がこんなエナジードリンクがあればいいな」という発想から作り始めたこのエナドリ。全国のコンビニでというほど流通はしていないみたいだが、1本250円程度で販売されている。

 ここまでの話から、プロゲーマーとして、配信者(ストリーマー)として、各種プロデュース業の3本柱がけんきの収入源といってよさそうだ。収入源がわかったところで、いったいどうやって2人は知り合ったんだろうか?

 コスプレイヤーという職業はゲームとの相性がいい。ここ数年はオンライン開催となっているが、東京ゲームショウが幕張メッセで行われていた頃は、コスプレをする人と見る人で大賑わいになっていた。

 えなこぐらいになるとゲームの公式コスプレイヤーとしてだけでなく、ゲームイベントや大会のMC・ゲストとして起用されることもよくある。さきほど説明したとおり、けんきはゲームの解説もしているため、2人はこういったイベントで共演する機会があったのだろう。

 実際、けんきが専門とするR6Sの販売元が2019年に行ったイベント「UBIDAY」でも共演している。報道によると交際は2年以上というから、この頃からお付き合いが始まったのかもしれない。

 プロゲーマーとのカップルといえば、プロ各ゲーマーのふ~どと尻職人の倉持由香夫妻が有名だ。先月には男の子を出産し、子供の面倒を見る様子を流す「見守り配信」が好評を得ている。彼らの出会いは、ストリートファイターの強いプレイヤーだったふ~ど、それを後ろから見ていた倉持という関係から。

 ゲームという共通言語があるがゆえに、2人の距離が近づくのにそう間がそうかからなかったと想像できる。

 なりたい職業ランキングでも上位に食い込むことが多くなってきたプロゲーマー。こういったビッグカップルの1人して注目を集める機会が今後も増えそうだ。

  • 7/3 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます