広島、川辺駿のラストマッチを勝利で飾れず…終盤の被弾で鳥栖とドロー

拡大画像を見る

 明治安田生命J1リーグ第21節が3日に行われ、9位サンフレッチェ広島と6位サガン鳥栖が対戦した。

 広島にとっては、スイス1部グラスホッパーへの移籍合意が発表された川辺駿のラストマッチ。試合後には、育成組織時代から在籍していた同選手の壮行セレモニーも行われる。

 試合は8分、鳥栖のエドゥアルドが敵陣中央から左足を振り抜くが、強烈なミドルシュートは惜しくも枠を捉えられない。すると15分、広島にアクシデントが発生。セットプレーの守備で相手と交錯した浅野 雄也が足を痛めてプレー続行を断念し、エゼキエウとの交代でピッチを後にした。

 広島は30分、速攻からチャンスを迎える。最後はエゼキエウがペナルティエリアの手前で左足を振り抜いたが、枠を捉えたシュートは相手GK朴一圭の好セーブに阻まれた。前半はお互いに1点が遠く、スコアレスで折り返した。

 58分、素早い中央突破から広島に決定機。ジュニオール・サントスのスルーパスに抜け出した川辺は右足で流し込もうとしたが、朴に防がれる。すると62分、広島が待望の先制点を獲得する。高い位置でボールを奪うと、柏好文がドリブルでカットイン。相手を引きつけてJ・サントスに託すと、J・サントスは冷静にゴール右下隅に流し込んだ。

 すると後半アディショナルタイム1分、鳥栖が試合を振り出しに戻す。ペナルティエリア手前でこぼれ球を回収した小屋松知哉は、滑らかなドリブルで相手をかわし、ペナルティエリア右から折り返す。これに酒井宣福がダイレクトで合わせてネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。追いつかれた広島は2試合ぶりのドローで連勝を逃したが、5戦無敗となった。追いついた鳥栖は2試合ぶりのドローで連敗を回避したものの、4戦未勝利となった。次戦、広島は11日にホームで横浜FCと、鳥栖は17日にホームで名古屋グランパスと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1-1 サガン鳥栖

【得点者】
1-0 62分 ジュニオール・サントス(広島)
1-1 90+1分 酒井宣福(鳥栖)

関連リンク

  • 7/3 21:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます