小島瑠璃子、原泰久氏との“破局激白”も「どういう神経しとるんだ」「かわいいだけでなんでもあり?」と炎上!?

拡大画像を見る

 タレントの小島瑠璃子(27)が、人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(46)との破局について、7月6日放送予定の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)で語っていることがわかったものの、ネットでは厳しい声が相次いでいる。

 小島と原氏は昨年7月に交際が報じられ、小島がラジオで交際宣言するなど順調な様子だったが、6月28日に一部で破局が報じられた。破局の理由は、もともと遠距離恋愛だった2人が、コロナ禍で都道府県をまたぐ往来が難しくなり、会える機会が減ってしまったことだという。

 その後、29日放送の『グータンヌーボ2』の次回予告では、小島が「結婚いつかできたらいいねってふんわり話してたぐらいなんですけど」「めっちゃ結婚願望ある」「いま本当にスッキリしてる」「30歳までに結婚できたらいいなあ」などと、原氏との破局や自身の結婚について明かす様子が放送されていた。

 小島の破局トークが披露されることについて、ネットでは「スッキリかもしれないが、元嫁、子どもは今から弄られるんだよ」「一度でも人の家庭を壊した人間は今後どんなに幸せアピールをしようが、多くの方から祝福される事はまずない」「あざといわー」「どういう神経しとるんだ」「かわいいだけで、なんでもあり?」「ただただ奥様がかわいそう」「元奥さんやお子さんがかわいそうすぎるな。しかも、テレビでネタにされるとかキツいな」と、小島に対する否定的な意見の他、原氏の元妻や子どもに同情する声もあった。

 小島と原氏は、交際発覚当初から小島が原氏を元妻から奪ったのではないかという“略奪愛疑惑”がささやかれ、さらには原氏が元アイドルと不倫関係にあったと一部で報じられたことから、原氏による小島と元アイドルの“二股疑惑”や“乗り換え疑惑”も噂されるなど、ネガティブな話題がつきまとっていた。結局、交際から約1年で破局したものの、2人のイメージ回復にはまだ時間がかかるのかもしれない。

関連リンク

  • 7/3 19:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます