林遣都の愛情あふれる、緊張する犬を撫で「俺のほうが緊張してるからな」

拡大画像を見る

林遣都が主演する映画『犬部!』の完成披露イベントが3日、都内の劇場にて開催。林、中川大志、大原櫻子、浅香航大、篠原哲雄監督が登壇した。




片野ゆか著『北里大学獣医学部 犬部!』を原案とする同作。“犬部”は青森県十和田市の北里大学に実在した動物保護サークルで、設立した獣医学部の学生をモデルにした熱血主人公・花井颯太を林が、その相棒で心優しい同級生・柴崎涼介を中川が演じる。

同作に出演するミックス犬のちえ、柴犬のきぃを含む犬猫たちと一緒に登場したキャスト一同。冒頭からリードに繋いだ犬に引かれ、カメラ目線を誘導するなど楽しみながらも四苦八苦した林は「なかなかこういった舞台挨拶もなくて...」と序盤から息が上がっていた。また、落ち着かない様子であたりを見回す犬に対しては優しく頭を撫でて「俺のほうが緊張してるからな」と伝えるなど、愛情深い一面も垣間見せた。

中川は、自身が「ワン」と合図すると柴犬のきぃが「ワン」と一声鳴くという特技を披露。林に「アレ出来ないの?」と尋ねられた中川は、今後は「ジャンプ!」と合図し、きぃが勢いよく中川の胸元のあたりまで飛び上がると会場の観客からは拍手が巻き起こった。愛嬌たっぷりの犬や猫に、林・中川らキャスト陣は終始目尻を下げていた。


作品については林は「夏で暑い中、動物たちも負担もたくさんある中、僕たちと一緒に難しいシーンばっかりでしたけど、しっかりと応えてくれて、本当に素敵な愛くるしい心揺さぶられる表情をたくさん見せてくれました。とにかくそこを見てほしい」とコメント。中川は「動物たちとここまでガッツリ共演するのも初めてだったので、一緒にどうやってお芝居を作っていけるかな、と楽しみにしていました。犬たちがいっぱい奇跡を起こしてくれて、僕らも一緒にやっていて心動かされる瞬間がたくさん映画にも残っているので、そこは見ていただきたい」と語った。


撮影は昨年の真夏、青森県十和田市でのオールロケ。中川が「本当にのどかな場所。僕ら4人で待ち時間に椅子を並べて外で座ってたんですけど、一番盛り上がった話題が『あそこの畑に生えている野菜をスマホを使わずに調べよう』という話題。そんな平和な時間東京にいたらないじゃないですか」と明かすと、大原は「結局携帯使ってましたよね」と笑った。

さらに中川は「一緒に登場してきたワンちゃんたち、取材とかも一緒にやったりしてるんですけど、スタッフの皆さんが本当に犬しか見ないんですよ。もっと僕を僕を見てくれ!」と主張。「今日も出てきた瞬間、お客さんも『かわいいかわいい』って犬しか見てないんじゃないかっていうジェラシーもあるんですけど(笑)。もちろんこの映画の中にかわいいワンちゃん猫ちゃんたちたくさん出てくるので大注目なんですけど、僕たちのことも見てください」とアピールして笑いを誘った。

林は「獣医師の先生方とお話して、誰かのために、なにかのために自分を犠牲にして信念を持って突き進む人たちの姿って本当に素敵で格好良いなと感じました。まだまだ日々、コロナに限らず苦しい思いだとかうまくいかないこととかいろいろあると思うんですけど、きっと周りの人だったり自然だったり動物だったり、自分にとって大切なものに目を向けるとちょっと心が軽くなるんじゃないかな」と同作を通して感じた思いを観客に伝え、イベントを締めくくった。


映画『犬部!』は、7月22日(木・祝)全国ロードショー。

配給:KADOKAWA

©2021『犬部!』製作委員会

関連リンク

  • 7/3 19:43
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます