その服じゃ「5歳老け見え」!この夏絶対NGな3大おばさんコーデ

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/229362/ )

暑くなり始め、慌てて去年の服を引っ張り出している人も多いのでは?

今回は、デブ見え&オバ見えする危険な夏のNGコーデをご紹介します。

 

その1:Aラインのスキッパーシャツワンピ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/229362/ )

スキッパーシャツワンピースは骨格が華奢な方、バストのボリュームがあまりない方、身長が高めの方ならうまく1枚で着てもサマになるのですが、体型カバーを目的に着ると余計に着膨れを起こします。とくに裾に向かって広がるAラインシルエットは布面積が多いぶん余計に大きく見えるので気をつけましょう。

とくに注意すべきは、ひざ下丈のスキッパーシャツワンピース。ふくらはぎの太さが露呈されて引き締まりのない印象を与えます。スキッパーシャツワンピースを取り入れるなら羽織りものとして活用もしくは、足首丈までの長いロング丈であまり横に広がらない落ち感のある素材で取り入れましょう。ボトムにワイドパンツやレギンスを重ね着するとコーデの完成度も高まってオシャレ見えに。

 

その2:キャミソールワンピース

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/229362/ )

楽チンで可愛いキャミソールワンピース。華奢なストラップのデザインが繊細で女性しく大人にも人気のアイテムですが、重ね着を前提とするこのワンピースはデコルテ、肩、バストが細身の方でないと逆に太って見えてしまいます。

とくに二の腕が太いとストラップの細さとの対比で余計にたくましい印象だけが残ります。バストが大きい方も同様です。キャミソールワンピースはウエストにくびれのないデザインがほとんどなのでバストの膨らみ=上半身全体の厚みに見えてしまうので気をつけましょう。

 

その3:Tシャツワンピ+レギンスコーデ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/229362/ )

Tシャツワンピースは、服とボディの間に程よい空気感が生まれることでオシャレに見えます。華奢な人がゆったりしたシルエットのTシャツワンピースを着るからこそ、オシャレに見えるという簡単なようで実は着こなしが難しいアイテムなのですね。パツパツはもちろん、ジャストフィットするサイズ感でもNG。あえてワンサイズ大きいものを着る方法もありますが、丈のバランスや袖まわりのブカブカさがだらしなく見える可能性もあるので必ず試着を。

個人的にはワンピースはTシャツタイプではなく、パリッとした生地のシャツワンピースのほうが体型カバーに最適なのでオススメしています。

関連リンク

  • 7/3 9:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます