人気YouTuber集団・Fischer'sも首を傾げた? 思わず噛みそうになる「アチュラチュ」

拡大画像を見る

【いま注目のトレンドワード(ミーム編)・40】 ネット上で飛び交う数えきれないほどの“ミーム”。ひと目で意味が伝わるものがあれば、何のことかさっぱり分からないものも多い。例えば、「アチュラチュ」というミームは口に出すと噛んでしまいそうになる不思議な単語。一体どのような場面で使うのか、その語源を探っていこう。

 まずはSNS上の使用例をチェックすると、「私たちほど仲良しなアチュラチュカップルいないと思う」「今年こそアチュラチュな恋愛がしたい」「推しキャラ2人のアチュラチュ感が最高」などのコメントが。それぞれの投稿から、主に“カップルや友人同士の仲の良さ”を指していることが分かるはずだ。
 明確な語源は不明であるものの、どうやら「アツアツ」や「ラブラブ」よりも、さらに上の状態を示すワードとして「アチュラチュ」が定着したらしい。確かに語感も似ており、想像力豊かな若者の間で広まったと考えてもおかしくないだろう。
 ちなみに、「アチュラチュ」の文字列を見て思わず首を傾げたのは人気YouTuber集団「Fischer's(フィッシャーズ)」のメンバー。2020年9月23日配信の動画でモトキさんやンダホさんら4人が“若者言葉クイズ”に挑んだものの、誰も「アチュラチュ」の意味を知らなかったのだ。
 とはいえ、出題時に「わかんねぇ~」と唸っていたンダホさんが「甘えん坊言葉で『アチュラチュ』みたいな?」「アツアツ。カップル同士みたいな」とほぼ正答。モトキさんから「考えてわかったのすごいよね」と称賛されていた。パッと見では意味の分からないミームも語感や雰囲気から探れば、思わぬ“答え”にたどりつけるかもしれない。(フリーライター・井原亘)
「アチュラチュ」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード
・フラペチーノ
・デルタプラス
・ビーストウォーズ
・シンシン
井原亘
元PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている

関連リンク

  • 7/3 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます