「超合金魂」100体目は「大空魔竜ガイキング」 合体変形・格納などギミック満載

拡大画像を見る

バンダイグループのBANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ、東京都港区)は、「超合金魂」シリーズから、1976年放送開始のアニメ「大空魔竜ガイキング」に登場するメカを立体化した「超合金魂 GX-100 ガイキング&大空魔竜」を2021年12月に発売するのに先だち、6月25日に全国の玩具店およびインターネット通販などで予約受付をはじめた。

主題歌2曲を再生できるギミックも

1997年に発売を開始した「超合金魂」シリーズ究極の集大成だという100体目。シリーズ最大級サイズとなり、要塞基地への変形など多彩なギミックを備えた全長約750ミリの恐竜型移動要塞「大空魔竜」に、格納や連動、劇中さながらの合体変形を実現した全高約170ミリサイズのロボット「ガイキング」のセット。

また、ガイキングを支援する3機の恐竜型メカ「飛竜スカイラー」「魚竜ネッサー」「剣竜バゾラー」も、ボディにダイキャスト使用の「マイクロポピニカ」として再現し付属する。

音声ICにより、歌手・ささきいさおさんの歌う主題歌「大空魔竜ガイキング」「星空のガイキング」の2曲を内蔵し、再生できるギミックを搭載。電源はボタン電池「LR44」×3個。

ガイキングの交換用ハンドパーツ各種およびディスプレイ台座、大空魔竜のツメオプションパーツなど多数のオプションを同梱。初回特典として「特製アートボード」が付属する。

価格は8万2500円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 7/3 15:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます