元フジ笠井アナ 田中みな実に「フジなら多分入社5年でやめてない」その理由

拡大画像を見る

 元フジテレビのフリーアナウンサー・笠井信輔が3日、インスタグラムを更新。2014年9月にTBSを退社し、現在は女優としても大活躍のフリーアナウンサー・田中みな実との2ショット写真を公開した。

 笠井と田中は、2日に封切られた小栗旬のハリウッドデビュー作「ゴジラVSコング」で、日本語吹き替え版キャストとして、公開初日の同日、都内で舞台あいさつに登壇した。

 笠井はお肌ツヤツヤの田中との2ショットをアップ。田中と初対面だと思い、「はじめまして、ですよね」とあいさつしたところ、自身が試験官を担当したフジテレビの就職試験と、その前に行われたアナウンスセミナーで顔を合わせていたことを指摘されたそうで、「全然記憶に残っていなくて、本当にすみません」と詫びた。

 そして「でもTBSを選んで正解だったかも フリーになって7年目 大成功収めてますからね」とフリーアナ、女優としての活躍ぶりを称え、「だって、もしフジテレビのアナウンサーになっていたら、多分入社5年では、やめてないでしょう」とも。

 その理由を「フジテレビでは局アナで、そんなに早くやめる人いないですから」と、古巣のフジテレビでは、入社から早い時期にフリーアナに転身する人はいないと説明していた。

関連リンク

  • 7/3 15:49
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます