スマホばっかり触っている彼氏が「スマホより彼女のほうがおもしろい!」と思うシャレのきいたセリフ9パターン

最近は常にスマホを手放せない男性が増えていますが、貴重なデート中までその調子では困りもの。上手にやめさせる方法はないでしょうか? そこで今回は、10代から30代の独身男性198名に聞いたアンケートを参考に、「スマホばっかり触っている彼氏が『スマホより彼女のほうがおもしろい!』と思うシャレのきいたセリフ9パターン」をご紹介します。

【1】「『デートなう』ってSNSでみんなに自慢してるの?」
SNSに夢中になっている彼氏をやんわりとたしなめるセリフです。「言い当てられると恥ずかしい」(20代男性)という意見のように、ネットの世界にどっぷり浸っている様子を指摘された彼氏は、照れながら現実世界に帰ってきてくれそうです。

【2】「デート中に受信していいのは、私の電波だけ!」
自ら怪電波を発するキャラになりきることで、スマホが受信している3GやLTEの電波をさえぎるセリフです。「俺の彼女はこんなに面白かったのか」(20代男性)という声からもわかるように、予想外のキャラクター設定によって彼氏に新鮮な驚きを与えられそうです。

【3】「〇〇君って、私よりスマホの方がお気に入りみたい」
スマホばかり見ている彼氏に対して可愛らしくすねることで、こちらに注意を引き寄せるセリフです。上品な表現で寂しさを伝えることによって、「決してそんなことはないんだよ!」(20代男性)と彼氏も愛情を思い出すはずです。

【4】「私のことは全然触らないのに、スマホはそんなに触るの?」
スマホをいじりまくっている彼氏に対して、若干セクシーな表現でアピールするセリフです。「タップしてフリックしたくなる」(20代男性)など、機械とは違う血の通った人間の魅力によって、愛情を伴ったスキンシップをしてもらえそうです。

【5】「スマホばっかり見て、もう激おこプンプン丸だよう!」
ネット上の流行に敏感なスマホ好きの彼氏に対して、流行りのスラングを使って怒りを表現するセリフです。「見事に使いこなしていることに感心する」(20代男性)など、笑いと感動を呼び起こせそうです。ただし、流行が終わったあとで使うとスベる危険が高いので、最旬の流行語を使うべきでしょう。

【6】「手をつないでくれないと、私が迷子になっちゃうよ?」
スマホを操作して両手が塞がっている彼氏に対して、片手を差し出しながら言いたいセリフです。「思わず手を握ってしまう」(20代男性)というように、ギュッと手をつかんで歩き出すことで、彼氏がそれ以上スマホを触るのを巧妙に阻止できそうです。

【7】「せっかく会ってるんだから、私とお話しようよ」
こちらに顔も向けずにスマホを触っている彼氏に対して、反論の余地がない正論でたしなめるセリフです。「確かに失礼でした」(20代男性)など、比較的ストレートな表現で不満を伝えることで、彼氏の苦笑い混じりの謝罪を引き出せそうです。

【8】「どうしてもスマホを触りたいなら、私の写真を撮ってよ」
スマホを手放すことができない彼氏に対して、いっそスマホを通じて自分を見るよう促すセリフです。「アートフィルターはどれにする?」(20代男性)など、上手く彼氏が乗ってくれば、楽しいデートの思い出をスマホに残すことができそうです。

【9】「スマホより可愛い子がここにいるよーーー!」
スマホに愛情を注ぎすぎている彼氏に対して、自分の可愛らしさを思い出させるセリフです。「その言い方がウザ可愛い」(20代男性)など、大きな声で元気よくアピールすることで、彼氏はツッコミを入れざるを得なくなるはずです。

デート中にスマホばかり触っている彼氏もずいぶん失礼ですが、直球のセリフで叱ってしまうと、余計なケンカの原因にもなりかねません。ちょっと捻りのきいたセリフで笑わせることで、雰囲気良くデートを続けられるはずです。(呉 琢磨) 【調査概要】 期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで 対象:合計268名(20代、30代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/3 14:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます