日本一の靴下の産地、奈良県・広陵町が誇る靴下ブランド「ROTOTO」のこだわりとは?

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。6月26日(土)の放送では、靴下ブランド「ROTOTO」の石井大介さんに、同ブランドが手がける「靴下」についてお話を伺いました。


「ROTOTO」こだわりの靴下



日本一の靴下の産地、奈良県・広陵町。ここは、かぐや姫でおなじみ、「竹取物語」の舞台になった町としても知られています。

もともと、広陵町やその周辺のエリアは、江戸時代初期に「大和木綿」や「大和絣」と呼ばれる織物の産地として栄え、本格的に靴下づくりが始まったのは、100年以上も前。現在も多くの靴下工場があり、それぞれの職人さんが、こだわりの“ものづくり”をおこなっています。


日本一の靴下の産地、奈良県・広陵町



地域の靴下づくりの文化を未来へと伝えたい。

そんな思いで、数年前に靴下ブランド「ROTOTO」を立ち上げた石井さんが最も大切にしていることは、靴下職人さん一人ひとりとの話し合いです。とことん履き心地と素材にこだわり、無数にある糸、そして、昔ながらの編み機と最新の編み機を駆使して、職人さんが理想の形へと仕上げています。

「靴下のものづくりの醍醐味は、糸と糸の掛け合わせなんですね。例えば、コットンとリネン、ウールとナイロン、それからシルクとコットンなどですよね。いろいろなものを掛け合わせて、素材と素材の良さを兼ね備えた生地を作って、新しい履き心地を作っていくのが楽しいですね」と石井さん。


靴下ブランド「ROTOTO」の心臓部である工場



ビジネスソックスから、カジュアルソックス、スポーツソックス、介護用のソックスなど、靴下とひとくちに言ってもその種類はさまざまです。

そして工場もそれぞれに得意な分野があると、石井さんは語ります。

「僕が作ったものと言うよりも、周りの工場と一緒に作ったものだと思っています。自分が住んでいる奈良県でものづくりをして、それを地域の人にも、そして、世界の人にも履いていただいているというのは不思議なことで、そして、うれしいですよね」


MADE IN 広陵町の靴下



「made in Japan」だけでなく、「奈良県産」と書かれている「ROTOTO」の靴下。“一生愛せる消耗品”をコンセプトに、奈良の文化を世界に発信し続けています。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年7月4日(日)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DUNLOP presents みらい図鑑
放送日時:毎週土曜13:55~14:00
パーソナリティ:吉田美穂
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/miraizukan/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/3 13:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます