千葉雄大、田中圭と披露する東京スカパラとのコラボで注目される「歌唱力」

拡大画像を見る

 7月3日放送の「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)で田中圭とともに東京スカパラダイスオーケストラと初コラボする千葉雄大。千葉と田中はスカパラが2002年2月に奥田民生をボーカルに招いてリリースした「美しく燃える森」を歌唱する。

 田中は2019年4月から2クール放送された原田知世とW主演したドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)で演じた「手塚翔太」という役名名義で、「会いたいよ」という楽曲を同年7月に配信開始、同年9月にはCDリリースしているが、千葉の歌唱力は未知数のため注目度が高いようだ。

「千葉は2019年12月31日の深夜に放送された『久保みねヒャダ 明けましてこじらせナイト寿スペシャル』(フジテレビ系)で、音楽プロデューサーのヒャダインと台湾をめぐる『千葉ヒャダ旅』を繰り広げ、いい感じの毒を吐くノリがいい人であることが判明。また、2020年4月11日放送の『土曜スタジオパーク』(NHK)では、ゲスト出演していた千葉に向けてVTR出演したヒャダインが千葉のことを『あの人はカラオケ魔人なんで』と切り出し、Official髭男dism『Pretender』や、King Gnu『白日』といった楽曲を何度も歌っていることを明かしていたので、千葉の歌唱力には期待が募るばかりです」(女性誌記者)

 6月4日放送の「あさイチ」(NHK)では、ドラマ「いいね!光源氏くん」(NHK)で共演したのをきっかけに親睦を深めた伊藤沙莉から、カラオケ用マイクをプレゼントしてもらい、そのお返しに千葉はミラーボールを贈り、2人でリモートカラオケ大会をしていることも明かした千葉。その実力に、期待しかない。

関連リンク

  • 7/3 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます