「夏競馬」万券ゲット作戦 「減量騎手」が大波乱を起こす(2)永野猛蔵の技術は新人離れ

拡大画像を見る

 今年デビューした新人騎手の最注目株は、ルーキーらしからぬ安定感と、騎乗技術が魅力の▲永野猛蔵(18)だ。

「前走3着以内馬に騎乗したレースは〈8 3 3 12〉で3着内率が53.8%(複勝回収率115%)。初騎乗となった今年3月以降に限れば、福永祐一騎手の46.2%や松山弘平騎手の48.5%よりも上です。あとは上級条件のレースにも強く、すでに2勝クラスで7頭の馬を8回、3着以内に持ってきています」(伊吹氏)

 その実力は、関係者の間でも評判だという。TMが語る。

「『乗れる3キロ減騎手』として、騎乗依頼はすぐに埋まる。この夏の福島や新潟など、減量が効く平場戦は特に狙い目です。彼がすごいのは、いろんな勝ちパターンがあること。馬群をさばく技術や、追い込む時の思いきりのよさは新人離れしている。美浦では常に調教に乗りっぱなし。記者と雑談している姿を見たことがないくらい練習熱心なので、今後も順調に勝ち鞍を伸ばすでしょう」

 永野と並んで12勝を挙げている▲小沢大仁(18)も見逃せない。

「永野騎手同様、上級条件のレースに強い新人です。2勝クラス以上は〈6 1 2 17〉で3着内率は34.6%(同136%)。競走番号別成績を見ても第9R以降が好成績で、終盤のレースが得意なタイプかもしれません」(伊吹氏)

 小沢は5月23日の中京11R、単勝13.5倍の6番人気馬デンコウリジエールで勝利を収め、3連単3万馬券を提供。新人騎手では唯一、メインレースでの勝利となった。減量のない特別戦でも軽視は禁物だ。

 同じく新人の★永島まなみ(18)は「4キロ減」が最大の武器となる。

「おもしろいのは、末脚を生かす競馬が得意なこと。前走の上がり2位以内の馬に騎乗した際は〈0 3 2 10〉で3着内率が33.3%(同117%)。同期に比べて好走率が極端に見劣るわけではないので、きっかけひとつでバケる可能性もありそうです」(伊吹氏)

 4月17日の新潟2Rではまさにこの条件で11番人気のラグラスドシエルを2着に押し上げて、3連単36万円の高配当を演出している(1着は泉谷の8番人気セイレーン)。永久2キロ減の藤田菜七子(23)も最近は追い込む競馬が板についてきており、女性騎手2人は要注目で侮れない。

「そのほかでいえば、昨年の北海道シリーズで5週連続勝利(計8勝)を収めた△秋山稔樹(19)。洋芝の傾向を摑んだ今年はさらに勝ち星を伸ばしそうですし、☆斎藤新(20)は、お父さんの斎藤誠調教師の管理馬に乗る時は狙い目。言葉は悪いですが『親バカ』で、なんとか息子を勝たせたい、という馬とのコンビが多いですから(笑)」(TM)

 この夏は減量騎手を狙い撃ちして、特大の万馬券ゲットといきたい。

*「週刊アサヒ芸能」7月8日号より

関連リンク

  • 7/3 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます