藤原紀香、愛之助アッシーで「梨園妻失格」から5年、リベンジ成功の「オモテナシ術」!

拡大画像を見る

 6月28日に50歳を迎えた女優の藤原紀香(50)。2016年3月に歌舞伎俳優の片岡愛之助(49)と結婚して5年が経ち、ここ最近は“梨園の妻”としても評価が高まっていると、6月29日発売の『女性自身』(光文社)が伝えている。

 2020年1月の『週刊新潮』(新潮社)のインタビューで、紀香は「身内や先輩のお姉様方に教えていただいたり、お叱りを受ける事も。4年目になりますが、全てが勉強だと思っています」と語っていた。

『女性自身』によると、その言葉の通り、紀香の梨園の妻としての仕事ぶりは日に日に磨きがかかっているという。

「愛之助さんが出演する公演の初日と千秋楽には、紀香さんは自身の仕事を入れず、必ずロビーに和服姿で立って、客を迎えるといいます。また、結婚前から習っていた書道も役立っているようで、ご贔屓へのお礼状も欠かさない。

 さらに紀香さんにはご贔屓をトリコにする“オモテナシ術”を持っていて、会場の外まで出迎えて、数百人にも上るご贔屓それぞれの情報も頭に入っているそうです。顔を見ればすぐにその人の名前や周辺情報を思い出すことができ、世間話をする。

 これでご贔屓の方々は“あの藤原紀香が自分を認識している”となり、トリコになってしまうといいます。紀香さんが来場する愛之助さんの公演の入場者数は、来ないときに比べると2割増しにもなると、『女性自身』では伝えています」(女性誌ライター)

■結婚直後には“梨園の妻失格”の烙印を押されたが……

 1月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に4年ぶり2度目の不倫を報じられた歌舞伎俳優の八代目中村芝翫(55)。最初の不倫報道、そして2度目の不倫報道の際にも火消し役として見事な立ち回りを見せたのが、妻で女優の三田寛子(55)だった。

「三田さんはこれまでも梨園の妻として素晴らしい役割を果たしてきたわけですが、すでに紀香さんの梨園の妻としての手腕は、三田さんを超えたのではないかと『女性自身』では報じています。結婚当初は“梨園の妻失格”の烙印を押された紀香さんですが、ここにきてその見方は大きく変わってきているようですね」(前出の女性誌ライター)

 結婚から7か月後の2016年10月、愛之助が主演を務める舞台の初日公演で紀香が劇場ロビーに立った際、握手や写真を求める客が殺到。これに「女優気取りの撮影会」とバッシングの声が上がったと、2017年6月の『女性セブン』(小学館)では伝えている。

 また、同年11月の『女性自身』では、公演後に愛之助の運転でホテルに向かう紀香の姿をとらえている。

 車好きと知られている愛之助は、車の運転も自分でしたいというタイプ。しかし、このような状況に「座頭を張る役者である以上、そこは妻に任せるべき」と苦言を呈する声もあったという。

 昼夜2回の公演を終えて疲れているなか、愛之助は自身の運転で紀香を東京・青山の美容サロンに送り、さらに夜遅くに迎えに行くこともあった。

■完璧家事の紀香に週刊誌も手のひら返し!?

 歌舞伎俳優の夫に運転させている、という2人の夫婦関係について、一部週刊誌では「愛之助はアッシーくん状態」と揶揄してもいた。

「しかし、今では紀香さんは自分の仕事もこなしながら愛之助さんを献身的にサポート。昨年7月の『人生最高レストラン』(TBS系)に出演した愛之助さんは、自宅ではほとんど何もしておらず、座っているだけで食事は出てくるし、常に風呂にも入れる状態。本当に手際よく、“分刻みのスケジュール”で家事をこなしていると明かしています。

 結婚直後は多くの女性週刊誌に、梨園の妻として紀香さんを不安視する記事が掲載されましたが、昨年頃から紀香さんの献身ぶりを絶賛する記事が増えています。彼女は結婚5年目にして、その行動力で見事な“逆襲”を果たすことができたのではないでしょうか」(前出の女性誌ライター)

 梨園の妻もしっかり板についた藤原紀香。“紀香流オモテナシ術”で、愛之助は千両役者でい続けられる!?

関連リンク

  • 7/3 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます