星野源「山手通りで絶叫」から…「一生一緒にいると決めた相手」新垣結衣との結婚生活を語る

拡大画像を見る

 6月30日放送の『あちこちオードリー』(TBS系)で、今年5月に新垣結衣(33)との結婚を発表した星野源(40)が、新垣との結婚生活について語った。

 オードリーと星野は、ともに『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)でパーソナリティを務めており、若林正恭(42)とは10年来のつきあい。星野と若林は、2人とも一見「癒し系」だと思われるが、本当は心に「すごい太い銃を持ってる」「誤解をされてしまうタイプ」だという。

 今でこそ、アーティストとしても俳優としても大活躍の星野だが、ここまでくるには不遇の時代もあったといい、20代後半ぐらいまではバイトをしながら役者をし、バンド活動も行い、お金がなくて「世界すべてを憎んでいるみたいなとき」があったと語った。

 星野は高校時代にSAKEROCKというインストゥルメンタルバンドを結成、ギターを担当していたが、その後、自分で歌を歌うようになり、2010年にソロデビューをはたした。

 若林は「俺は自律神経が普通の人よりもやられるから、多忙で働けないだろうって思うところあるんすよ」と明かし、八面六臂の活躍をする星野に「体力って大丈夫なんですか?」と質問。

 星野は「ドラマの撮影をしながら、その撮影がない日にレコーディングをするので」と切り出し、合間にエッセイを書いたり、ラジオ出演したりして、移動中に寝ていたというかつての生活を振り返り、周囲から認められることがうれしく、それに応えるため頑張りすぎたと続けた。

 また当時は、自分が思っている作品のクオリティを上げるために頑張っていたが、「それを出す術がわからない」と悩み、星野は「自分を殴りながら歌詞書いて」「深夜の山手通りを絶叫しながら歩いてました」と告白。

 さらに星野は自分を殴り続けて歌詞を書き、レコーディングをし、「歌い終わって“今日レコーディング終了です”、ワーッて中で、くも膜下出血で倒れたんです」と壮絶な過去について語り、「山手通りを絶叫するのはお勧めしないです」と続けて、オードリーの2人を驚かせた。

 それからの星野は生活を見直し、「自分を追い込んで作るんじゃなくて、楽しく作る」という考え方に変わっていったという。

 そんな星野に、若林は「一人暮らし長いじゃないですか。今、一緒にごはん食べてるとき、なんか結構感動しません?」と質問。若林も独身生活が長かったが、2019年に15歳年下の看護師の女性と結婚。『オードリーのオールナイトニッポン』では、自宅での妻とのやりとりについてのトークも頻繁に披露している。

■新垣との時間に「すごく感動」

 若林の質問に、星野は「結衣ちゃんと? そうですね、感動します。すごく感動します」と答え、「ごはん食べてるときに、今日あったことを話したりとか。まだ一緒に住めてはないんで、行き来してる段階なんですけど」「なにかを相談する人が、今後一生一緒にいるって決めた相手だから全部言えるじゃないですか」と続けた。そんな話を「夜、たとえば1時とかにお茶飲みながらするのは、すごい感動しますよね」と星野。

 一人のときは、抱えている悩みをシャワーで流していたと振り返り、星野はあらためて「一緒にごはんを食べる人が毎日いるっていうのと、何かを相談するとか、なにげないことを話す」「それってすごく感動することですね」と繰り返した。

 星野は、結婚発表後の5月25日放送の『星野源のオールナイトニッポン』で、「まったく世界の景色が変わる瞬間っていうのが何度かありまして」「まさにそういう瞬間だった」と、あらためてリスナーに結婚報告。以前から新垣のことは「結衣ちゃん」と呼んでおり、新垣は星野のことを「“源さん”だったり、まだたまに“星野さん”だったり」と呼んでいると明かした。

 今回星野が語った『逃げ恥』の登場人物そのもののような結婚生活に、視聴者からは「ガッキーのこと結衣ちゃんって呼んでんだ」「深夜1時にお茶飲みながら話してるのなんか平匡さんとみくりさん感」「なんで星野源がガッキーと結婚できたのかわかった気がするよ。僕も星野源と結婚したい」「そらガッキーも惚れる」「“一生一緒にいると決めた相手”パワーワードすぎる」「キュンキュンしてしまった」「すごいほっこりした」など、さまざまなコメントが上がっていた。

 2人なら、一生一緒に幸せに暮らせそうだ。

関連リンク

  • 7/3 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます