嵐「大野智の“2人ルール”と2024年再始動」の裏で「2人の女性」を待つ地獄!

拡大画像を見る

 嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)が、7月23日より開催される東京五輪の「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任することが6月23日に発表された。

 嵐の5人はもともと2019年5月にスペシャルナビゲーターに就任。NHKの五輪関連番組に出演してきた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で五輪が1年延期となり、2020年末を持って嵐は活動休止に入ってしまった。

 そんな中、“特例”として五輪の開催期間限定で嵐が再集結するという報道もあったが、5人での再集結は実現することなく、櫻井と相葉の2人が稼働することが決まった。

 相葉は2016年4月から2019年12月まで、五輪・パラリンピック出場を目指すアスリートをゲストに迎えるスポーツ番組『グッと!スポーツ』でMCを務めたほか、今年4月からは『サンデースポーツ』(ともにNHK総合)にも不定期出演中だ。

 また、櫻井は2008年の北京五輪から6大会連続で日本テレビの五輪キャスターを務めてきた。

「五輪で櫻井と相葉が稼働することになったのは、2人のこれまでの経験が活かせることも大きかったのでしょう。ただ、二宮和也(38)と松本潤(37)が五輪で稼働しないのは、芸能活動を休止した大野智(40)を気遣うための“メンバーが共演する際には2人まで”という新ルールがあるからでしょうね」(女性誌記者)

■大野のための「嵐2人ルール」

 1月19日発売の『女性自身』(光文社)では、大野を除いた4人、または3人がそろってしまうと彼の“不在”が際立ってしまう。そのため、2021年からはこの新ルールを導入したと報じていた。

 グループの活動休止以降、嵐のメンバーが3人以上で共演したことは一度もない。相葉がMCを務める1月16日の『I LOVE みんなのどうぶつ園』には櫻井が、櫻井がMCを務める2月20日の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(ともに日本テレビ系)には相葉がゲスト出演。

 二宮がMCを務める4月3日の『ニノさん ドリームダービー』(日本テレビ系)には、櫻井がゲスト出演しているほか、6月3日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)には二宮が出演した。

 また、JALのアンバサダーを務めているのは櫻井と松本の2人。さらに、3月より櫻井と相葉が「三ツ矢サイダー」のCMで共演しているほか、6月21日より放送されているライオンの「いっしょだと最高!キャンペーン」では相葉と二宮が共演するなど、いかなる場においても“2人ルール”が遵守されている。

 6月29日発売の『女性自身』、さらに『週刊女性』(主婦と生活社)でも、この“2人ルール”について報じているほか、5人が再集結するのはデビュー25周年を迎える2024年になると報じているのだ。

『女性自身』では、五輪の大舞台でもこのルールにこだわる理由について、メンバー全員が2024年を視野に入れているからだと伝えている。

「同日発売のライバル誌である『女性自身』と『週刊女性』が“2人ルール”と“2024年の再集結”について、かなり近い内容の記事を掲載さているんです。

 こういった記事が出たのは櫻井と相葉が五輪のスペシャルナビゲーターに就任したというニュースがあったことも大きいのでしょう。ただ、ほぼ同じ内容の記事が出るというのは、実際に2024年に向けての話が動いている可能性が大きいからだとも考えられますよね。

 しかし、すでに何度も報じられている櫻井や相葉の交際相手の女性からすると、2024年の再集結の話も心穏やかではないかもしれませんよね。櫻井も相葉も、グループが活動休止に入ってすぐに結婚に踏み切るのではないか、という報道もありましたからね」(前出の女性誌記者)

■2024年再集結で結婚へのハードルはさらに高く

 2020年1月、櫻井と慶応大学時代の同級生の一般女性Aさんとの「ベトナム&ハワイ婚前旅行」を『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。櫻井とAさんは学生時代から20年にわたりつかず離れずの関係だったという。また、相葉にも8年以上にわたって真剣交際している女性Bさんがいる。

「Aさんは櫻井さんと同級生、Bさんも相葉さんより年上だといいますから、出産のことなどを考えると、かなりシビアな時期に差し迫っていると言えますよね」(ワイドショー関係者)

 2020年10月の『週刊文春』では、結婚を発表してファンが激減した二宮を目の当たりにして、櫻井が結婚に慎重になっていると報じている。

「相葉さんも今年10月クールにはテレビ朝日で主演ドラマが控えているといいますから、現状は結婚に及び腰になっている可能性もあります。ただ、グループの休止から半年がたち、それぞれのソロ活動も落ち着いて、安定期に入ってきているとも言えます。

 そのため、五輪が終わり、今年の下半期から来年にかけて櫻井さんと相葉さんの結婚もありえるのではないかともささやかれています。ただ、そのタイミングで難しいのであれば、再集結の2024年に近づいてきてしまう。そして実際に活動再開となったら、結婚へのハードルはより上がってしまいますよね」(前同)

■櫻井がAさんとの “破局を匂わせ”!?

 ここ最近の櫻井からは、Aさんと破局を匂わせているのではないか、という言動も見られる。

 2月18日放送の『櫻井・有吉THE夜会』で、櫻井はスーパーマーケットで「僕、そんなに料理できないから冷凍食品とか(を買う)」と明かした。

 3月4日放送の同番組でも、自宅にかなり長さのあるダイニングテーブルを設置していると話している。さらに櫻井は自身が「荷物とか資料を取っておいちゃう人」で、ダイニングテーブルの3分の2が資料で埋まってしまい、友人を自宅に招いても、残りの狭いスペースでお酒を飲んでいたと語ったのだ。

「つまり、散らかった部屋で過ごし、冷凍食品で食事を済ますこともあるということですよね。そうした生活は、男性の一人暮らしをイメージさせるものですよね」(前出のワイドショー関係者)

 しかし、2020年3月の『週刊文春』では、櫻井とAさんは両親との顔合わせまで済ませており、すでに同棲していると報じている。

「そこまでの関係なわけですから、さすがに櫻井さんがAさんが破局している可能性は低いのではと。ただ、一時は“結婚秒読み”とも報じられたものが、ここ最近の生活は結婚とは程遠いものとも思えますよね……。

 櫻井さんの交際、結婚の行方は気になりますが、ただ、今回の五輪ナビゲーターを櫻井さんと相葉さんの2人が務めるということは、やはり大野さん以外の4人は“2人ルール”をしっかりと守り、それは2024年の再集結のためとも受け取れます。

 再集結はファンやジャニーズ事務所にしてみたら悲願ではありますが、櫻井さん、相葉さんの交際相手のAさんやBさんにしてみたら、心苦しい日々の再来になる可能性もありそうです」(前同)

 2024年が再集結だと言われる中、櫻井と相葉はこの3年の間に“結論”を出すのだろうか――?

関連リンク

  • 7/3 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます