柴咲コウ、「赤字7000万円」経営会社でとどろくスタッフ恐怖の「鬼社長」一面!

拡大画像を見る

 女優の柴咲コウ(39)の社長としての奮闘ぶりを、7月2日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じている。

 柴咲は2016年11月に「レトロワグラース株式会社」を設立。同社では柴咲のファンクラブ事業、音楽事業のほか、地球環境に配慮したアパレル事業、セレクトショップ事業などのビジネスを展開している。

 誌面にはマスクを装着し、Tシャツに花柄ワイドパンツ姿の柴咲の写真も掲載されているほか、テナントビルの空き物件をスマホで撮影する姿もある。

 2020年3月、柴咲はそれまで所属していた大手芸能事務所を退社し、レトロワグラース所属として活動している。

 しかし、会社の経営状況はあまり芳しくないようで、2018年12月期は約7060万円の赤字、2019年12月期は約1億1038万円の赤字、最新の2020年12月期も約6806万円の赤字だったと『FRIDAY』では伝えている。

「6月1日発売の『女性自身』(光文社)でも、柴咲が中華系英国人実業家のパートナーととともに北海道でファームを経営していることに加え、昨年5月に資本金が約1億6000万円から8500万円に減額されていたことなど、柴咲の会社の業績があまりよくないと報じていましたね」(女性誌記者)

■潔癖症の柴咲は「靴が脱げない」!?

 レトロワグラースの従業員は10人前後ということもあり、自らテナントビルを探すなど、女優以外の仕事でも奮闘している様子の柴咲だが、社長としての意外な一面も聞こえてきた。民放キー局関係者は話す。

「柴咲さんといえば、女優としては役に入り込んだ鬼気迫る演技が魅力です。ただ、バラエティ番組になると、ほんわかした雰囲気で、ゆっくりしゃべるような柔らかい印象もありますよね。ところが、社長としての顔は、なかなか恐ろしいものがあるそうです。というのも、まず柴咲さんは潔癖症なんです。

 柴咲さんは時間さえあれば手洗いをしているようなタイプ。それは、このコロナ禍ではむしろ良いことと言えそうですが、靴が脱げないそうです……」

「靴が脱げない」とはいったいどういうことか。

「芸能活動や仕事の打ち合わせなどで外に行った際、土足のまま上がるのはNGのオフィスや場所も少なくない。柴咲さんはそういった場に“新品のスリッパ”がないと、上がることができたいそうなんです。そのため、本人や周囲が常に新品のスリッパを携帯しているといいます。

 もちろん万事がそうということではないそうですが、経営する会社の仕事に対しても細かく、従業員の仕事も厳しく見ているといいます。部下がミスをしてしまった際には、決して声を張り上げて怒りはしないのですが、静かな怒りを浮かべる感じで、“なんでこれはこうなっちゃたんですか?”と追及し、じっくり説明させて、自分が完璧に納得するまで絶対に許してくれないといいます」(前同)

 会社を背負う社長なのだから当然といえば当然だが、バラエティで見せるほんわか顔とはまったく違う鬼の一面がある、ということなのだろう。

「ただ、バラエティ番組の姿が“作っている”ということではなく、機嫌が良いときは優しくほんわかしているそうですが、機嫌が悪かったり、スタッフがミスをしてしまうと、そんな感じになってしまうそうです。同社で働くスタッフは、柴咲さんへの憧れもあって入ってくるのでしょう。しかし、イメージにない“鬼の一面”もしばしば出てくる。それで辞めてしまう人もいるといい、スタッフの入れ替わりが激しく、なかなか定着しないそうですよ」(同)

■商品の原材料にも柴咲の細かく厳しい“こだわり”

 レトロワグラースではアパレル事業を展開しているが、ECサイトで扱っている商品の多くが高価格帯で、たとえばワンピースは3万~4万円前後、キャミソールが2万円などする。

『FRIDAY』では、“女優・柴咲コウ”を全面に押し出して手頃な価格の商品を大量に売れば儲けは出るものの、本人に強いこだわりがあり、それはしないと伝えている。

「扱っているアパレル製品や食料品の原材料にもかなり細かいこだわりがあるようです。原価を少し下げれば手を出しやすい価格にすることもできるのでしょうが、品質を妥協することはなく、いい素材で製造するため、結果、高額になって商品があまり売れていないといいます」(ワイドショー関係者)

 現時点での会社の赤字は、そのあたりの柴咲の細かなこだわりが良くない方向に出てしまっているから、生じているのかもしれない。

「今回の『FRIDAY』ように、柴咲さんが写真週刊誌にプライベートの行動、私服姿が撮られるというのは非常に珍しいこと。柴咲さんは“女優にはプライベートを見せない神秘性があったほうがいい”と考えるタイプだといいますからね。しかし、女優としてではなく会社を引っ張る社長として奮闘しているからこそ、今回のような珍しい写真が撮られたのではないでしょうか」(前同)

 時には鬼の形相で社長業に奮闘しているという柴咲の会社は、黒字に転じることができるだろうか!?

関連リンク

  • 7/3 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます