夏のボーナス、下がらなかった人々の声「満額出ましたが、"冬はわからない"と上司に言われました」

拡大画像を見る

この時期になると、多くの会社で夏のボーナスが支給される。キャリコネニュースでは、6月中旬から読者やメルマガ会員を対象にボーナスに関するアンケートを実施。現在までに100件近い回答が寄せられた。神奈川県の30代男性(マーケティング/年収1100万円)は、

「社内におけるグレード昇格をしたが、それに伴う税金、保険料の増額分が多く、額面が増えているわりには手取りが増えた感覚が乏しい」

と不満をこぼす。そうは言っても、男性の昨年のボーナスは320万円だったが、今年は360万円に上がっている。羨ましい限りである。(文:中島雄太)

「コロナの影響も無かったので、変化なし」


ボーナスが昨年よりも増額だったという声は他にも届いている。埼玉県の40代男性(エンジニア/年収800万円)は、「業績が好調で昨年よりも特別加算分が増加した」と語る。事実、昨年は130万だったが、今年は170万円だった。

「正直コロナ禍でも仕事が減らず助かっているが、業務量も多いので、正直もう少し下がっても良いから仕事を減らして欲しいと感じるときもある」

東京都の20代男性(エンジニア/年収350万円)は、年次が上がってボーナスも増額した。「1年目の寸志とは異なり、満額でもらうことができた」と書く。昨年は10万円だったものが、60万円になったと喜んだ。しかしながら「税金が10万円程度引かれたので高く感じる」と不満も述べた。

ボーナスに変化なし、という人も多い。「コロナの影響も無かったので、変化なし。困ってはいない」と語るのは、埼玉県の20代男性(エンジニア/年収550万円)だ。昨年も今年も支給額は50万円で、「昨年までは車のローンが厳しかったが、財政改善のため車を売却しローン返済した」と続けた。

千葉県の50代女性(事務員/年収500万円)は、「売上が落ちているので例年通りもらえないかもと思っていた」というが、結果としては例年通り55万円が支給された。しかしながら「冬はどうなるかわからない」と面談時に上司から言われたため、「すごく不安です」と書いている。

ボーナス減で「老後のためにほとんど貯金した」

一方で、新型コロナの影響もあって下がってしまったという人も多い。

「業績が悪くなり、赤字のためボーナスが下がった。赤字なので仕方ないが、ボーナスが減ったので海外旅行に行くのが厳しい」(福岡県/20代男性/エンジニア/年収400万/ボーナス昨年60万、今年50万円)
「会社全体の利益が減ったからボーナスも減りました。月7万円ほどの安い賃貸なのでお金に困ったことはありません。老後といざという時に備えてほとんど貯金しました」(東京都/40代男性/マーケティング/年収1300万円/ボーナス昨年660万円、今年540万円)

ボーナスをローン返済などの充てにする人もいれば、貯金する人まで様々だ。依然としてコロナの勢いは衰えていない。まだまだ苦しい会社も多そうだ。

※キャリコネニュースでは引き続き、夏のボーナスに関するアンケートを実施していきます。専用の回答フォーム(https://questant.jp/q/FTM0IVVB)で受付中です。その他のアンケートはこちら→https://news.careerconnection.jp/career/general/97705/

関連リンク

  • 7/3 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 普段、棒茄子は『現物支給』ですが会社でコロナの感染者が出なかったので金一封出ました~(≧∇≦)b

記事の無断転載を禁じます