深田恭子を追い込んだ「梅毒映画」撮影中止の大騒動(1)旬のヒットメーカーがタッグ

拡大画像を見る

「支えていきたい」──。力強く交際宣言したのは深キョンを陰で支え続けた噂の実業家男性だった。ファンとしては一刻も早い復帰を願うばかりだが、活動休止を発表する直前まで、ある映画の撮影に臨んでいたという。取材を進めると、尾野真千子とW主演を務める「梅毒映画」の大騒動が浮かび上がってきた。

「5月25日のクランクイン前日に撮影延期の連絡が来ました。その直後に主演女優の電撃降板が知らされたので、急いで代役を立てる事態に。比嘉愛未さん(35)に決まったものの、当初の予定から1週間遅れて撮影がスタート。もともと用意していた衣装を、比嘉さんのサイズに調整するのに少し苦労しましたが、今のところ撮影は順調に進んでいます」

 舞台裏を明かすのは、7月15日スタートの連続ドラマ「推しの王子様」の制作関係者だ。

 ドタバタの原因は言うまでもなく、当初主演予定だった深田恭子(38)の降板劇だ。所属事務所のホリプロが5月26日に発表した文書にはこう記されていた。

〈昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より『適応障害』と診断されました。これにより当面の間治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。これに伴い、予定されていた7月のフジテレビ連続ドラマを降板することになりました〉

 こうして降板が伝えられた「推しの王子様」で、深田が演じるはずだったのは、女性向け恋愛ゲームを手がけるベンチャー企業の敏腕経営者。現実で出会ってしまった「ダメ王子様」を「理想の王子様」に育てていく恋愛コメディーだ。

「共演者やスポンサーが決定した後の交代劇は異例ですが、比嘉さんは深田さんの代わりをこなそうと、座長らしく年下の共演者に積極的に話しかけて現場を支えていますよ」(ドラマ制作関係者)

 どうやら夏ドラマは代役を立てて乗り切れそうだが、制作が頓挫したまま、もうひとつの主演作が宙に浮いているというのだ。

「どのメディアでもいっさい報じられていませんが、深田の休養の影響で、ある映画が撮影中止になってしまったんです。かなりのシーンを撮り終えているのと、もともと深田ありきで進められていた企画だけに、代役を立てるわけにもいかず、撮影はストップしたままです」

 深田が主演予定だった新作映画の関係者はこう思案に暮れる。その内容たるや、いささか刺激的なようで、

「深田が演じるのは幼い子を持つ主婦で、物語の大きなテーマとなっているのが梅毒。深キョンのイメージにそぐわないショッキングなものですが、所属事務所のホリプロも制作に携わっていて、本格派女優への転身を印象づける意味合いもありました」(映画関係者)

 取材を進めると“幻の主演作”の輪郭がハッキリ浮かび上がってきた。22年の公開を目指していた映画のタイトルは「ソーシャル・クライマー」。メガホンを執るのは19年公開の映画「新聞記者」(スターサンズ)で「第43回日本アカデミー賞」最優秀作品賞をはじめ、数々の賞を獲得した藤井道人監督だ。脚本は6月24日にNetflixで配信された「全裸監督2」が話題の小寺和久氏。旬のヒットメーカーが手を組んだ意欲作と言えよう。

「タイトルの『ソーシャル・クライマー』とは、貧困にあえぐ下層階級から上流階級の仲間入りを求める人を指し、深田は売れないカメラマンを夫に持つ団地住まいの主婦という役どころ。娘には何とか這い上がってもらおうと、無理して名門幼稚園に通わせるという設定です」(映画関係者)

 社会派のドラマに「梅毒」がどのように関わってくるのか。この映画に欠かせないもう一人のキーマンが浮上した。

関連リンク

  • 7/3 5:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ヤン中佐

    7/4 7:54

    人が苦しんでるのをネタに何の根拠もない事を論ってワイワイ騒ぐさすがアサゲークソな人間性

  • きょー

    7/3 21:41

    深田さんのドラマで昔金城何とかさんと出演してた似たようなのがありましたね。いや、似てないか。その後の反町さんのGTOと共に観てましたが。

  • 子供にお金がかかるから、売春して梅毒をもらっちゃうとか? 昔からある話よね。

記事の無断転載を禁じます