キンプリ平野紫耀 熱血教師初挑戦!銀髪を黒髪に 恩師に電話“教師道”吸収

拡大画像を見る

 King&Princeの平野紫耀(24)が、8月21~22日に放送される日本テレビ系「24時間テレビ44」のドラマスペシャル「生徒が人生をやり直せる学校」(8月21日、後9・00頃)の主演に決定し、初の教師役に挑戦することが2日、分かった。平野はグループとして「24時間-」のテレビメインパーソナリティーを担当。大役を担うと同時に、俳優として新境地を開拓する。

 平野が演じるのは1年間で約1クラス分の40人の生徒が退学していく「底辺高校」と言われる高校に新卒で赴任した、ポンコツながら熱血な体育教師。教師役初挑戦に「プレッシャーは感じておりますが、力を入れて取り組みたい。ほっこりと心温まる作品を作れたらと思います」と決意を口にした。

 原作は黒川祥子氏によるルポルタージュ「県立!再チャレンジ高校 生徒が人生をやり直せる学校」。現代の格差社会で生徒たちが抱えるさまざまな問題に寄り添い、奮闘する教師たちの戦いを、平野演じる新任教師の葛藤や成長とともに描く。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江氏が手掛ける。

 平野は役作りに際し、中学時代の担任教師に電話して恩師の“教師道”を吸収。「その先生は生徒のためと思ったら何でもする先生。僕自身の経験と、その先生の熱意を参考に演じられたら」。また、銀髪を黒髪に変えたといい、「僕は役以外で黒髪にすることがあまりないので、気持ちも引き締まりました」と力を込めた。

 共演には浜辺美波(20)、伊藤英明(45)、國村隼(65)、北村有起哉(47)、井之脇海(25)と実力派が集結。新任の英語教師役を務める浜辺も、平野同様に教師初挑戦となる。社会的弱者という位置づけの「子供」にスポットを当てた今年のドラマスペシャル。平野を中心に描かれる熱く、優しい物語が、現代社会に一石を投じる。

関連リンク

  • 7/3 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます