社会人なら当たり前?女性を喜ばせる「上手なエスコートマナー」とは

女性は男性にエスコートされると、思わずドキッとしてしまうようです。
女性を喜ばせたいなら、上手にエスコートすることが大事。

そこで、社会人なら当たり前?女性を喜ばせる「上手なエスコートマナー」を4つご紹介します。

(1)具体的に褒める


女性は男性に褒められると、思わずドキッとしてしまう傾向にあります。
とくに、「そのアクセサリー素敵だね」「その服似合うね」などと具体的に褒めると効果的。

相手を魅力的だと思っていることを、しっかりと伝えることができます。
そのため、デートの際には相手をよく褒めるよう心がけましょう。

(2)スマートなエスコート


女性はわざとらしいエスコートをされると、胡散臭いと思い、怪しむ傾向にあります。
上手にエスコートするには、スマートな姿勢を忘れないことが大事。

ドアを開けてあげる、車道側を歩いてあげるなどといったさりげないスマートなエスコートで、女性を喜ばせてみてはいかがでしょうか。

(3)「何が食べたい?」ではなく好き嫌いを聞く


紳士な男性は、女性との食事の際に本領を発揮します。
急に「何が食べたい?」と聞かれても、すぐ思いつかなくて困ってしまう女性もいるので、食事デートの際は「何か好き嫌いある?」「アレルギーとかダメなものない?」など、パット答えられる質問をするのです。

女性はそんな男性を気づかいのできる優しい人だなと感じ、好意を抱くことがあるので、女性には気を遣わせないよう心がけましょう。

(4)事前にお店の予約をする


女性をエスコートしたいなら、デートの際には事前にお店の予約をすることが大事。
さりげなく店を予約しておくという気の利いた一面に、女性は思わずドキッとしてしまいます。

そのため、デートプランは男性が事前に考えた上で、予約はしっかりしておきましょう。


女性が喜ぶようなエスコートの方法はさまざまあります。
社会人なら当たり前?女性を喜ばせる「上手なエスコートマナー」を参考に、意中の女性をあなたの虜にしちゃいましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/2 23:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます